2016年10月20日

100歳の誕生日

とうとう、この日がやってきました。
ブログの先頭ページにしていた日です。
当初は、ずいぶん先のことだと思っていましたのに、来ました!

そう、おばあが生きていれば100歳になった日です。
おめでとう〜!
生誕100年ということで。

おばあの部屋は、いまだ、おばあの物がたくさんあります。
服や着物やバッグ、趣味の物。
丸6年が過ぎたというのに、私の怠慢。
もう、自身の終活をしなくてはいけない頃なのに。
勤めを正社員からパートに変更してもらって、
週に2、3度休むこともあるというのに、
結局、その日は趣味の用で埋まり、自宅にはおらず
片づけには手が回りません。
どこかで、区切りをつけたほうがいいのではと思いながら
友人に話すと、勤めのあるうちは辞めないほうがいいと言われ
会社に請われるままにダラダラと在籍。
時間の使い方が悪いのかな?
勤めながらでも出来ることなのかな?
ただ、寄る年波か、以前のように元気よく動けず
どこが悪いわけでもないが、出かけてくると疲れが出る。
気持ちや体とどう付き合っていけばいいのか、まだまだ不明。

こんな話がおばあと出来れば、ヒントをもらえたかもしれない。
おばあは趣味に飛び歩いていて、立ち止まったときはボケが始まっていた。
緩やかな変化があっただろうに、私はしっかり見ていなかった。
ただ、戸惑いながら、生き切るのを見てた。
おばあには終活はなかった。
片づけてはいたが、身の回りの処分ということではなかった。

年齢を重ねたら、物への執着が薄れていくのかな?
認知症になってしまったので、すべてから解き放たれたのかな?

私自身は、どんな晩年を送るのだろうか?
おばあの生きた93歳は、かなりハードルが高いな〜
いつまで、気持ちをブログに書き付けられるのだろうか?

今日は仏壇に何か美味しいものをあげますね。



posted by ふみ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の話を聞いて

「おばあちゃん、どう?」友人に挨拶代わりに聞かれる。
「この間ね・・」と近日に起こったエピソードを話す。
「えっーー? マァ・・! あはははは・・
 笑えないよね。自分もなるかもしれないね。頑張ってね」
たいていはそう締めくくられる。

おばあちゃんの人格も無視して人様に面白おかしく話し
聞く人にサービスをしているつもりだった。
こんなに受けるならブログに書こう。始めた動機だった。

ボケだから当たり前で仕方ない話を飽きもせず書き続けた。
そのうちに、誰かを楽しませようとしているわけでなく
自分自身が書くことによって、気持ちのバランスを取っている
ことに気がついた。

2010年2月27日に、おばあは突然、この世から去った。
ずーっと、こんな生活が続くと思っていたのに・・

おばあが亡くなっても、私はこのブログを閉じることが出来ずに
いる。もう少し、続けようと思う。

日記の日付は、おばあが生きていたら満100歳になった日。
生きて迎えることが叶わなかった日。


posted by ふみ at 00:00| Comment(20) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

同じ道を辿る?

何だか、近頃、体調の異変が起きている。

次々とどこかが突然おかしくなる。

いつ頃からか忘れてしまったが、朝起きると体が
ギシギシしていて、2階の寝室から1階に下りる階段を
使うときに足元に気を使うようになった。

そして手、3年前の左手首骨折から左の手で握りこぶしが
スムーズに出来ない。
右手は昨秋から、ばね指になり、
冬になって趣味の「わら細工」のしめ縄教室が続き、
指の使い過ぎでこじらせ、以来曲げ伸ばしがおかしいし、
時に鈍痛が起きる。
整形外科で診察を受けたら骨には異常がないそう。
でも両手とも、普通でない。

4月中旬から下旬にかけて仏事が続いた。
私の義弟が突然亡くなり葬儀、
1週間と間をおかずに夫側の義理姉が亡くなり葬儀。
福島だ秋田だと出かけなければならず、
疲れていたのか出発当日の朝、立っていられないめまいと吐き気で医者へ。
この季節よくあることだと言われ、薬を処方され、
新幹線を1本遅らせ、出席した。
出先では事なきを得て、過ごせたが、
めまいは朝の起床時、夜寝る前にはいまだに起こり、薬は処方中。

どれも、完治はせず引きずっている状況なのに〜〜
今度は先週の日曜日に突然、食事をしようと口を開けたら顎が痛い!
左の耳の横。咀嚼の時に動く部分が痛くて開けない。
固いものを食べたとか、大口開けてしゃべり続けた記憶も無いのに。
口が痛いと、食欲もなく、気分も下降。
よくよく、自分の食べ方を気にしてみると、奥歯の関係で左側で
噛んでいることが多い。
使いすぎのせいかと、意識して右を使うようにしている現況。
いくらか、顎の痛みが引いたところかな〜!?

3日前の日曜日は、孫たちと信用金庫主催のBBQに出かけ、
原っぱでゲームをした。
そのための筋肉痛が火曜日に出た。
右腕と太ももが痛い。

ここ2晩、就寝時に左頬と右手に湿布薬を張り寝ている。

寄る年波で仕方ないことなのか、
今までが元気すぎて、これがこの年齢の当り前なのか。
もう、これ以上、何事かが私の体に起きないで。

夫が何気なく、「お前に先に逝かれたら困る」なんて言い出す。

もうもう! まったく!!

私だって、そんなつもりはありませんよ。





posted by ふみ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

探し物

近頃の私は、よく探し物をしている。

日常の中でふっと、使うわけでもないのに、
「あれ、どこに置いたかな?」と気にかかりだす。
するとその物の所在確認が始まる。
見つからない。
・・・・
買ってきて、しばらくそこに置きっぱなしで、それから片づけた〜〜
自分らしい置き場所を当たる。
すぐに見つからず、結局、夫を巻き込んで家のあちこちを捜索。
やっと、見つかる。
「ねぇ、覚えておいて、私がここに置いたこと。」
夫にも頼んでおく。

一つが解決すると、不思議と次の探し物が始まる。
性格的にだらしないのか・・・
寄る年波なのか?・・

おばあもよく部屋で片づけをしていた。
友人のお母さんも、部屋にいて片づけていると聞く。
あれって、片づけではなく、今の私と同じように探し物を
していたのじゃないかしら?

認知症は遺伝?

実母は若くして亡くなったので解らないが、おばあは伯母(実母の姉)

あ〜〜不安・・・
posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

七回忌

2月21日の日曜日におばあちゃんの七回忌を行った。
家族と孫と私の妹と姪の計10人。
前日は雨だったが、当日は穏やかな晴れ。
この日のお寺は法事が2組。
我が家は1組目。
和尚さんと息子さんの2人でお経をあげてくださり、
その声の力強く美しいこと。
小さな孫たちは騒ぎもせず、静かにしていて、
木魚の音が入ると、10か月の孫はノリノリで体を揺らしていた。
あとで様子を話すと、お坊様もご満悦。
「音階が狂うと、嫌な音になり子供も騒ぎます。
今日は小さなお子様がいるので、緊張してお経をあげました。」との感想。
その後、墓参りをして、皆で昼食を食べて終了。

おばあちゃん、七回忌、きちんとやったよ。
皆も集まってくれたよ。

お布施、塔婆料、お花料と菓子、果物の包みを用意した。
3回忌と同じ額にした。

喜んでくれたかな?



posted by ふみ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

経年劣化

居間に置いてあるテレビ画面に太いラインが2本入ってしまい、
格子越しに見るような状態になってしまった。

トイレのウォッシュレットの「止」ボタンの反応が鈍くなり、
一度で止まらない時がある。

会社で使っている電卓の「×」と「÷」のボタンが、
出るときとそうでない時があって、
電卓を見もしないで打って答えを見ると
とんでもない数字が並んでいたりする。

経年劣化、ということなのでしょうが、立て続けに起きた。

なんだか・・・自分と重なる・・・・
posted by ふみ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

99歳誕生日

今日は快晴。
おばあちゃんの誕生日。
生きていれば99歳になるはずでした。

難なくクリアーすると思っていましたが、、、
亡くなって満5年も過ぎました。
あっという間の5年でした。
懐かしい日々です。
今、おばあちゃんの部屋が私の趣味の作業部屋になっています。

まだ、おばあちゃんのもの、全てといっていいほど片づけていません。
服も着物もバッグもタンスや押し入れの中にあります。

いつか、いつかと思って、もう5年も経ってしまったのですね。

仕事を辞めたら、おばあのものも自分のものも、本当にやらなくちゃ。
posted by ふみ at 16:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

愚痴の吐き場所

毎週木、金曜日にジムの水泳レッスン参加している。
レッスン後、プール横のジャグジーでおしゃべりの話を
咲かすのが恒例になっている。
今は、2世帯住宅に住むMさんの介護ストレスの聞き役になっている。
聞き役は私とやはり3世代同居し、去年、舅さんを見送ったAさん。
2人とも介護経験者。
Mさんは義父母を見守るために仕事を週1日だけに減らし、
内線電話が鳴るたびに階下に行って対応。
義父さんが心臓などの内臓レベルが落ちて、
入院を勧められても看護師の対応が悪い、食事がまずいと
いいたい放題、し放題で迷惑をかけ、タクシーで帰ると勝手に行動。
家にいて、調子が悪いと「救急車を呼べ!」
デーサービスにリハビリに通わせれば、気分で行くの行かないので
毎朝揉める。やっと行っても面白くなければ、家に電話して
迎えに来いというらしい。
ボケてはいなくて、お金はある。
思い通りになる人生を歩かれてきたのかもしれない。
それに振り回されている彼女。
義母さんは大声を出して勝手する夫に嫌気がさして
いるようで、何かとMさん頼り。
協力者では無いらしい。
先日は彼女もストレスが高じてレッスン中に鼓動がバクバクし、
ご主人に迎えに来てもらい帰宅した。
ご主人は親身で、休みの日は彼が対応し、夜も父親と
同じ部屋で寝ているとのこと。

ジャグジーで「聞いてよ〜!」で日々の出来事を語る。
私たちは彼女の対応を肯定する。
結局、話を聞くだけのことしかしてやれないのだが、
自分もそうであったように鬱々としたものを吐き出すと何か気分が落ち着く。
彼女もこれがないとやっていけない。と言う。

私たちの締めくくりの言葉は、
自分たちが介護が必要になったときは、子どもに迷惑をかけないようにしよう。
わがまま言わず、かわいい年寄りになろう。
と、なる。

果たして、どんな晩年になるかはお楽しみ・・・・


posted by ふみ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

幸せな日

仕事帰りに寄るスーパーで
「テディベアキャンペーン」をやっている。
1000円お買い上げにつき、1枚シールを貰える。
それを10枚〜30枚を集めると、メーカー希望価格の
約70%引きで買うことが出来る。
見本が飾られていて、触ってみたら感触が良い。
孫娘にプレゼントしたら喜ばれるかな〜と思い
シール台紙に集め始めた。
頂くシールが小さいので、財布に入れて持ち帰ると
なぜか紛失するので、もらった時にサッカー台で
貼るようにした。
12月26日仕事の最終日にもスーパーへ寄った。
シールを頂いたので、サッカー台で貼った。
その様子を見ていたのか、同じサッカー台で袋詰めを
していた男性が、「集めているのですか?」と聞く。
「はい」と即答。そしたら、財布のカード入れのような
所から次々と引っ張り出して、「どうぞ」と言う。
「いいんですか? ありがとうございます。」
バラバラしていたので、それも早速貼りにかかる。
そしたら、背中合わせにいた女性が「これ、どうぞ。」と
2枚渡してくれる。「まあ! ありがとうございます」
受けた。その様子を見ていたのかレジ台を通過してきた
ご夫婦の男性の方が、5枚のシールを私に、これまた
「どうぞ!」と差し出す。
「よろしいんですか?」と、奥さんを見ると微笑んでいる。
すると、先ほどの男性に変わって、前にいた女性が
またまた、「どうぞ!」って、1枚をくれる。
「これ、集めるとテディベアが安く買えるのよ。」と
説明したがくださるという。
結局、4人の方から次々といただいた。
この場にいると、お店の人から注意を受けるのではないか
心配になって、貼らずに持ち帰った。
それにしても、皆さん親切で、感激して帰宅。

おかげで、昨日、正月に来る孫にプレゼントしようと
替えてきた。

s-ベア.jpg

自力で集めたシールで間に合ったが、
まだ手元に、受けた親切分のシールが残っている。
キャンペーン期間が1月27日まであるので、
折角だから、自分のために替えようかな〜

ラベル:親切
posted by ふみ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

美容院

私はショートカットの髪型。
2か月弱で美容院に行き、カットをお願いしてる。
いつも、同じ方に頼み、特別の注文もなしでお任せする。
が、昨日はネットで検索、希望のカット見本をプリントして持参した。

気分の問題なのだろうが、近頃自分の「年寄化」に
歯止めがかからない。
そこで、キュートで若く見える髪型にして欲しい!と、頼むと
「はい、出来ないことではありません。」返された。
言い訳がしたくなって、
「髪型が若くなれば、気持ちも行動もついていけそうだから…」

終わって帰宅。
少々、短くしすぎたかもしれない。
「夫にどう?」
「うん、いいよ」
「見てから、言った?」
「ちゃんと、見たよ。」

明日から、頑張ろう!
posted by ふみ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。