2013年10月28日

老眼鏡とルーペの比較

老眼鏡をかける時期
私は近視のせいか、いまだ老眼鏡をかけずとも、日常生活
にはさほど不自由していない。
新聞も読めるが、さすがに近頃、ラベルなどの小さな
説明書などが読みにくい。
そろそろ、買おうか迷い始めた。
ある時、新聞の広告で眼鏡のようにかけるタイプの
ルーペが出ていた。
老眼鏡はそのままの大きさで、見えるようにするものだが、
そのメガネ式ルーペだと大きく見せるので読んだり針仕事や
プラモデルなどの手作業をするときに便利だという宣伝文句。
どちらがいいのだろう?
どちらを買おうか?

眼科医に行ったときに、先生に質問してみた。

老眼鏡の眼鏡の導入時期というのは個人差。
どこまで見えればいいのか、精度を追及するのか、多少、
ぼんやりでも家事に不自由がなければそれで良しとするのか
個人の考え方。
ただ脳のためには、はっきり見えた方がいいですね。

ルーペ式めがねについて。
たぶん、老眼鏡で自分の目に合わせたもので補正した
うえで、使った方がいいのでは。ということだった。

ちょっとすっきり!

個人の求める見え方。
なるほどね〜。
近視でも車の運転時だけで普段は眼鏡をかけずに過している私。
これで良しとした生活をしているから、見え方に鈍感なのだわ。
脳の為にも、ここできちんとしてみよう。

眼鏡を買うために処方箋を書いてくださいとお願いしたら、
もう一度、視野検査をするので、その時に検眼と
いうことになった。
診察時に検眼したけど、眼鏡を買うための検眼とは違うのかな〜?

今度は、近視の度を今より弱くしたほうが良いらしく
近視用メガネは作り直し。
そこで、また悩みの種、発生。
近視用と老眼用のをそれぞれ買うか?
遠近両用を買おうか?
どちらがいいのか迷う。


posted by ふみ at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑内障

ドライアイの症状を持っているので、定期的に眼科医に通っている。
先日、半年ぶりに受けた検査で
「限りなく、緑内障が疑わしい。左目の上の方の神経が薄い。
どうします? 治療始めますか? 点眼薬を1日1回さす 
方法ですが、まつ毛が長くなる、目の周りにシミが出来る
副作用が出ますけど。」
絶句してしまうと、
「もう一度、詳しい検査を受けてみますか?」
「ハイ、お願いします。」
前回も同じ個所で同じように言われた。以前より神経が
さらに薄く映ったのだろうか?
白内障より怖いという緑内障。
従姉も幾年か前に、そう診断されて良い先生を求めて
駆け回っていた。
今は、視野の欠けもなく落ち着いているよう。
家系なのかな〜?
早速、ネットで調べてみた。
----------------*----------*
緑内障とは、眼圧が高くなることにより発症する病気です。

●緑内障になりやすい人
・家族に緑内障患者がいる
・ひどい近視である
・体温が低い
・冷え性である
・血圧が低い
・頭痛がよくする

症状 緑内障の主な症状は、視野が少しづつかけていく
というものになります。
眼圧によって視神経の細胞が死に、それに応じた部分から
視野が欠けていきます。

因 
緑内障の原因はよくわかっていないのですが、緑内障の
眼球内の圧力が高くなることが原因と言われています。
どうして眼圧が高くなってしまうのかというと、それは
原因不明。ただ、最近では「ストレス」が関係している
のではないかと言われています

予防 
緑内障は、早期発見が大事ですので、眼科での定期的な
検査が一番の予防法といえます。
緑内障は、眼圧測定だけではわからないため、
眼底検査、視野検査などが必要となります。
また栄養補助食品や生活習慣の見直しなどによる
日頃からのケアが重要です。
栄養補助食品は、ルテインやカシスなどが良いそうです。

治療 
緑内障には、点眼薬という目薬での治療があり、
効果が十分でなければ、作用の違う薬を2〜3種類組み合わせます。
点眼薬にはさまざまな種類があり、種類によって効果や副作用が違います。

@β遮断薬というチモプトール、ミケラン、ベトプチック
などの目薬です。
これは、房水の産生を抑制する作用をもっていて、眼圧を
下げる優れた効果があります。
眼に対する副作用が少なく、現在最も多く使用されている点眼薬です。
最近では血流を増加させるミケラン、べトプチックが注目されています。
副作用として、徐脈、うっ血性心不全、呼吸困難、気管支
けいれんなどがあるので、心臓の病気や喘息がある人は
使用しないのが原則です。

Aプロスタグランジン関連薬というレスキュラ、キサラタン
タプロスの目薬です。
これは、眼球を包む膜からの房水流出をよくする作用を
もっていて、これによって眼圧を下げます。
副作用として、レスキュラでは角膜障害が、キサラタンで
結膜の充血や虹彩や皮膚の色素沈着と、睫毛多毛症
(睫毛が異常に増える)が起こることがあります。
眼圧下降作用はキサラタンが優れていて、
また1日1回の点眼でよいので、使用される機会が
増えてきています。

B炭酸脱水酵素阻害薬というトルソプト、エイゾプト
の目薬です。
これは、毛様体で房水ができる際に、必要な炭酸脱水酵素の
働きを直接阻害して、房水の産生を減らします。
少しどろりとしているので、最初は点眼しにくいかもしれません。
同種の内服薬やβ遮断薬、あるいはプロスタグランジン
関連薬に比べて眼圧下降作用がやや弱いのですが、
目や全身に対する副作用が少ない薬です。

C副交感神経作動薬というサンピロの目薬です。
これは、以前は最も使用されていた点眼薬で、
成分名ピロカルピンでよく知られています。
毛様体筋を収縮させて、線維柱帯のフィルター部を
広げる作用をもっていて、これにより房水流出を
スムーズにし、眼圧を下げます。
全身の副作用は重大なものではありませんが、
瞳孔が小さくなり、暗くなるのが欠点だそうです。

では、眼圧を下げるサプリメントなんてあるのでしょうか?
実は、栄養素の中には、眼圧を下げる効果があると
言われているものがあります。

一つ目は、ビタミンB6です。
にんにくやレバー、まぐろやかつおなどの魚類に多く
含まれています。

二つ目は、ビタミンE。
油や、いくら・すじこなどの魚卵に多く含まれています。

次に、ビタミンCです。
赤ピーマンや芽キャベツなどの野菜、レモン・いちごなどの
果物に多く含まれています。
これらビタミン系のサプリメントは、薬局やコンビニ
などでもよく見かけます。

最後に、ルテイン。
ルテインは簡単に言うと色の一種で、抗酸化作用があります。
その抗酸化作用が、緑内障に効果があると言われているのです。
ルテインは、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。
ルテインのサプリメントも、市販されています。

上記の栄養素は、食物からも摂取できますが、
緑内障を予防できるくらいの栄養素を摂取するとなると、
たくさんの野菜や食物を食べなければなりません。
お料理とサプリメントの両方から、栄養素を摂って
緑内障予防してみてはいかがでしょうか。
------------*--------*
とりあえず、次回検査の日までビタミン剤でも飲もうかな〜?

posted by ふみ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

おばあの誕生日

先日の日曜日20日は、亡くなったおばあの誕生日だった。
帰宅した娘が、
おばあちゃんの誕生日だけどケーキは買わなかったの?
誕生日は知っていたが、ケーキを用意することは
思いつかなかった私。
娘は事寄せてケーキを食べたいだけのことなのだが。

生きていればいくつになったのか。
年齢早見表で見ると、97歳だった。

早いもので亡くなって3年8カ月になる。

亡くなった人のことは
お彼岸、お盆、命日、ふとした思い出などで思い起こすが
誕生日の時は年齢を考える。
生きていられないほどの年齢じゃないな〜なんて。

ただ、あのまま、おばあを家で見ていられたか。

それはわからない。

posted by ふみ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

市井の先生

スーパーの食品売り場へ娘と買い物に行った。
「お野菜も果物も高いわね。」
「バナナ、安いね。」
「でも、いつの間にか日が経って真黒くしちゃうのよね。」
そんな会話をしながらバナナの前にいたら、
「フリッターとかにすればいいのよ。」という声。
「えっ?」と、顔を向けると優しい笑顔の年配の女性がいた。
「私なんて、一人だから食べきれないでしょ。
だからフリッターにして火を通せば持つでしょ。
それと、それらしい料理の時に砂糖の代わりに、
バナナを切って入れて、それで甘味にするのよ。
あとね、バナナを1本房から取ったら、そこを火であぶって
置くの。殺菌になるから持ちが違うわよ。
また1本取ったら、またあぶるの。」
初耳の方法を伝授して下さった。
「そうなんですか」と、娘とアイデアに感心しながら
お話を聴いた。

小柄で可愛らしい素敵なおばあちゃん。
「ありがとうございます。やってみます。」と私。

思いがけず、見知らぬ方と自然にお話ができ、
知恵を授けてもらって何だか得をした気分。

私もこうした大人な人になりたい。
posted by ふみ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする