2014年03月04日

雷サージ付きタップ

ファンヒーターを買い替えたら、コードが短かかったので、
延長コードを買いに行った。
延長コードを買うことなんて、久しぶりのこと。
売り場に行くと、たくさん並んでいる。
普通の2口位で2mもあれば・・・
口数は奇数展開で2口は無い。
価格の違いは何かと見れば、手元スイッチとか何やら〜〜
雷サージ付が一番安かったので買い求めた。
帰宅し、夕食の支度をする私。
夫に延長コードをつなげてダイニングを温かくして
くれるように頼んだ。

それが・・・・

延長コードに挿すことができずに手間取っている。

代わって、やってみたが挿すところは蓋(?)があって
入っていかない。
他に仕掛けもないようだし、
どうしたら、
この蓋のようなものが開くのだろうか?
パッケージの説明書きに「挿し方」など書いていない。

夫が「普通ので良かったんだ。」などと言い始めた。
「これが普通よ。これしか無かったのよ。」
イラっとした気分もあって、私は思い切り力を入れて、
蓋があるところに差込口を突っ込んだら・・

入った!

力を入れたら、壊してしまうと思っていたのに、
これで良かったわけ?
ただ、力を入れて差し込めばよかったわけ?

世の中、いつの間にか、品物が改良されていて、
私はいつの間にか、買い替えると使えない世代になってしまった。

私たち夫婦にとってはこのことは、
ちょっとした事件だった。
子供たちに話したら、鼻で笑われるだろうな〜



posted by ふみ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。