2014年10月21日

おばあちゃんの誕生日

昨日はおばあちゃんの誕生日。
娘達も覚えていた。
「生きていればいくつなのかな〜」と、考えもせずに
口にした私に娘が言った。
「もう、歳はとらないよ。」
なるほど・・・
おばあちゃんは時間が停まったからね。
生きていれば98歳。
もう、約5年が経つ。
昨日のことのように、覚えているのに・・・

今の私は、介護している友人たちの聞き役になっている。
「そう、そう」と共感すると、
「やっぱり、そうだった。」と、話が続く。
プールで一緒の友人は、義父母と2世帯住宅。
義父が転んで、入院をしたのをきっかけに仕事を
減らし見守り役になった。
食事の世話をし始めたら、依存され、疲れて、
最近は回数を減らしているよう。
それでも内線電話で何かと呼び出され、
買い物に連れてってと言われたり、
病院に付き添ったりでストレスがたまったのだろう。
プールの1時間レッスンを受けた後、
心臓がバクバクしてきて救急車で病院に行き、
1日検査入院した。
事なきを得たのだが、慎重を期して、レッスンも休んだ。
心配をしていたら、1週間休んで出てきた。
「具合が悪くなったら、すぐ中止すればいい。
ストレス解消になるよ。」と、皆で話した。
少し、気が楽になってくれればいい〜。

体って不思議。気持ちでは理解していても、
知らずに体にはこたえてしまうのだね。

posted by ふみ at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

新しいことへの挑戦

今日、住まいする市の主催で、生涯スポーツを推奨するために
開かれた講座、「ネオテニス講習会」に参加した。
人間関係で(?)ソフトテニスの会から離脱して、5カ月。
ジムでの水泳だけでは、飽きたらず思い切って応募した。
どんな年齢層なのか?
この歳で、大丈夫か?
不安いっぱいで、参加。
受付済ませ、開始を待つ間に、同じように不安に思って
いたのか隣の方が
「私、全くの初めてのですが大丈夫かしら?」と、
声をかけてくださった。
「私もです。ドキドキしています。」
ちょっと気分がほぐれた。
指導する方々は、皆、同様の年頃か年長者。
参加者は46名だそうで、40代から70代まで様々。
当市で、考案されたスポーツで、バトミントンラケットを
使って、あまり弾まないスポンジのボールを打つ。
ルールはテニスとほとんど同じ。
デモンストレーションを見せていただいた後、
班に分かれてサーブの練習。
ソフトテニスと違い、戸惑いはたくさんあったが、
何となく人並みに出来た。
2時間はあっという間に過ぎ、うっすらと汗もかき、
次回への期待もやる気も出た。
勇気を出して、来てよかった。
これも、例の事件があったおかげで
新しい出会いができたのかも。

posted by ふみ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする