2008年07月16日

入れ歯

近頃、夕食後に入れ歯をはずすことが出来なくなった。

ご飯が終わると、お茶を渡し飲ます、次に薬を手渡そうとすると
湯飲み茶碗をを出す。
「薬だから、手にとって。」この意味が判らない。
湯飲みを下に置かせ、手を広げさせて、手渡す。
薬が飲めたら、次は入れ歯をはずさせる。

「洗っておくので、歯をはずして。」
ジェスチャーで歯をはずす、動作をする。
するとジェスチャーの通り、形ばかり指を歯にあてるので
取れない。
(出来る日も、あるけどね・・)

「違うよ。もっと上のほうからガッとはずして。」
「うん うん」うなずくだけで、手は動かない。
やる気が無いのか、言葉が通じないのか。
入れ歯一つはずすのに、時間がかかる。
「ねえ・・自分でやって。こうするのよ。。」と、ゼスチャー。
「ふーん」なんて言っちゃって他人事。

えーい!面倒な。

おばあの背後に回って、頭を支え、口を開かせ、入れ歯を取る。

あ〜あ、こんなことまで・・・するようになっちゃった。

「もう一つよ。」上下、入れ歯なので、あと一つある。
「自分でやってごらん。」と、言ったって・・・
取れ。と、ばかりに普通に顔を前に突き出す。

よくもまあ・・平気で人任せ?

甘え慣れしてしまうのか? 一体どういうことなのか??

自分の手と入れ歯を流し水で洗い、ケースに入れて水を張り
「タフデント」の錠剤をポトンと落とし作業終了。








ラベル:認知症
posted by ふみ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。