2008年07月21日

ショートから帰宅

今日、ショートステイから帰ってきたおばあ。
送られてきたので出迎えると・・

意思の疎通が出来なくなって、反応が無い。
言うことを聞かず、手がかかる。
係りの者が2人いるときは良いが一人だと大変で。。。
と、いったような報告があった。
「家でもそうなんです。」と受け答えたが・・

「手がかかるようになって、もう預かるのは無理です」って
ことかと思いドキッ!
そうでは、ないようだったが・・・

送られてきて、車から降りるのを拒否。車の中で踏ん張る。
デイサービスの係りの人は、毎度のことだから慣れているけど、
ショートステイの人は「降りたくない」と頑張られたら・・
どうしていいか、困るよ〜

着替えをさせたら、早速おばあは玄関に行き靴を履き出かける。
鍵をカチャカチャさせ、逆に鍵をロックし、本当なら押して
開くドアを、全体重をかけて、引いている。当然開かない。
玄関口に座り、何故か靴を履き替え、再度挑戦。
結局、引くからドアは開かない。

「何処に行こうとしているの?」
「ガッコウ・・」
「今日は休みだから、おやつ食べよう」

その後は「トイレに行く? オシッコ出ますか?」
聞いてみた所で訳のわからない返答なので、連れて行けば
トイレに入り、いきなり足元にある暖房消臭器をさわる。
それならと洗面所に連れて行き手を洗わせようとすると、
服を脱ぎ始める。お風呂じゃないから脱がなくて良いと言っても
どうしてもボタンをはずすのを止めない。
そのまま食堂に連れて行けば自分のいつもの席がわからず
ボーっと立っている。箸を渡すのが遅れたら、手で食べそうだし
食事が済んでも、自分の部屋にも帰れない。
この家の見るもの全て。すること全て初体験のよう・・・

しばらく居間で一緒にテレビを見て(?)頃合を見て、寝床に
連れて行ったが、すぐ出てきて食堂に座り、まだ帰宅していない
娘のために出ている惣菜を入れ歯が入っていないのに、
手づかみでつまみ食べてしまう。

着ている部屋着を脱いで、たたんで、また着て・・繰り返す。
「もう、夜だから寝て」と言ってもわからず座っている。
おばあの寝床に私が横になって、隣を指して
「ホラ、ここに寝て」見本を見せたら隣に横になったので
布団をかけてきた。
あとでチェックに行くとそのまま、寝たみたい・・

症状が進んでいるよね・・・認知症









posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。