2008年07月28日

家族の証言

今朝方のおばあの行動。

午前2時に家中の電気をつけて、ダイニングで食パンを食べて
いたという証言。
このことは今朝、報告を受けた。

新たに午前5時に、洗面所でジェル状のチューブに入った
整髪料をチューチューと吸っていたという目撃証言。
早い出勤のために、起きていた娘が見た。
すぐさま取り上げ、口をうがいさせ、牛乳を飲ませ、
お腹が空いているから、そういったことをするのだろうと
パンを食べさせたそう。。。
夕方、帰宅した娘から話を聞いた。

何も知らない私はいつも通りに、朝食を準備。
おばあは普通に完食。

本日のデイサービスでの昼食。
「お腹がいっぱいで・・」残したそう。
いつも完食するので、連絡帳に書いて知らせてきた。

夕食はいつも通り、いつもの量を食べた。

証言を付き合わせると、昨夜から今朝方のおばあは
2時間おきに位に起きて、家庭内徘徊をし、食べている。
整髪料を吸ってしまうなんて、味もおかしいはず・・
よくお腹を壊さなかった。。。
こんな物まで、口にしてしまうなんて、隠すのは無理。
防ぐのも無理。どうすりゃいいの〜〜

それにしても、本当に眠らなくて、動き回る体力。
昼食を少しにして、お腹の調整もできて・・すごい!

夜行動物の観察をするように、家中にカメラを設置して、
おばあの夜中の動きを見てみたい。
きっと誰も知らない「おばあの世界」がある。。





ラベル:認知症 徘徊 異食
posted by ふみ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日、本当に暑いです。

おば様は夜、活発に動いてらっしゃるようでたいへんでしょう。
おば様の動く時間帯にあわせて、家族の誰かが起きているわけにはいかないですものね。
なんでも口に入れてしまうのも心配でしょう。

私の母も、少し前のおやつの時、こんなことがありました。
おやつのプリンがかなりこぼれてしまったため、テッシュで口の周りを拭いて、こぼれたプリンをその紙につつんで、テーブルの上において、私はタオルを濡らしに席をはずしました。
戻ってくると、母は「くちゃくちゃ」口を動かして何かを食べているようなので、母に大きく口をあいてもらったら、それは、プリンを拭いたテッシュでしたよ。
なんだかとっても悲しい気持ちになりましたね。

そんなことがあって、納涼祭だったので、母にもまだこんなに嬉しいという感情が残っていたのかと思うと嬉しくて、おもわず泣けてしまいましたね。

ふみさん、おば様もいろいろと変化もあって大変だと思いますが、優しいご家族がいられるので、みなさんに手伝っていただいて、ふみさん自身の時間も大事にしてください。
Posted by kouei at 2008年07月29日 12:32
koueiさんへ

コメントありがとうございます。

人が普通にすることが判断できなくなって、
スイカやグレープフルーツなど、皮のついた物を
食べさせると、どこまでも食べてしまいます。
気をつけて見ていて、止めないと、食べさせて
ないようで、切ない気持ちになります。
本人は何の意識も無く、していることでしょうが。
おばあちゃんが寝ている夜は、家族に留守を頼み
ジムに行って、1時間位泳いだり、体を動かして
来ます。リフレッシュできて、元気が沸いてきます。
自分の時間、作っています。お気遣い、ありがとう。
Posted by ふみ at 2008年07月29日 17:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。