2008年11月18日

寝ない〜

今、午前1時半。

おばあは何度も寝床に連れて行き、寝かせてもすぐ起きてきて
ウロウロ動いている。

食卓の所に来ては「お昼かね?」

2階に上がる時に、持って行こうと服を置いておけば、それを
おばあが着ている。

玄関のところで靴を揃えているかと思えば、靴を履き出し
出かけようとする。

その度に「夜中ですから、寝てください。」
でも、判らないよう。

先程、たまらずお風呂に入れてみた。
ゆっくり湯に浸からせ気分転換を図って、今、寝かせてきた。

ここで、もう少し様子を見て、起きて来ない様だったら
私も寝ることにする。

どうして眠くならないのだろう〜〜
お昼寝や夕寝もしていないのに・・・

ホント、付き合いきれないよ。


ラベル:認知症
posted by ふみ at 01:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふみさん、お疲れ様です。
昨夜は少しは眠れたのでしょうか? お仕事もなさってるんですよね。大変ですね。

読み落としているのでしょうけれど、
伯母さまは睡眠剤とか、なにか落ち着かせるための向精神薬とかは使ってらっしゃらないのでしょうか。副作用で使ってないとか、効果がないとか、事情があるのでしょうか。

徘徊とか夜間不穏とか、開放的な間取りのマンション住まいの我が家でそういう事態がくると、
家族総倒れになりそう。夫と子どもは双方とも普通より早く家をでますし、彼らに食べさせ弁当を持たせ、仕事に行く私。今から不安です。
年は平均寿命を生きているのだから、
コチラが生活できなくなるより、躊躇なく薬に頼ろう・・・正直そんな想像しているのですが、甘いのかな。きっと、そんなにことは単純ではないのでしょうね。そういえば、うちも精神科にも専門の病院にもまだ受診できていないし。

ふみさんが今夜は眠れますよう。
Posted by トボ at 2008年11月18日 15:49
いつもいつも、ご無沙汰ですm(_ _)m

母が昼夜逆になった時は、眠剤利用してました。
病院へ行った時は母の名前で必ず処方してもらって
父も主人も時々、母の眠剤飲んでました^^
あのころ、母は内科・精神科・精神内科と
病院へ行くものたいへんでした。

いろいろ思い出します。
今は父との関係がわずらわしくて・・。
・・贅沢ですね。
認知症の母との生活を考えたら
今はこんなに楽させてもらっているのに。

ふみちゃん、なんとか良い方法を見つけて
少しでもゆっくりできたらいいですね。
これからますます忙しくなる時です。
ホント体に気をつけてくださいね。
Posted by まま at 2008年11月19日 15:51
こんばんは、どうして寝られないのでしょうね。
父は入院する前はまる1日うとうとしていましたが。ふみちゃんさん、睡眠不足ではありませんか?お薬で休んでもらうことは出来ないのですか?急に寒くなりました。お身体には充分気をつけてください。
Posted by run at 2008年11月19日 20:25
トボさんへ

コメントありがとう。
睡眠剤、以前、処方してもらったのですよ。
ところがお薬が効いてきても、動きたいと
起きてしまい、そうなると足元が怪しくなって
千鳥足のようにヨロヨロして動くのです。
布団につまづいて。転んで、骨折でもしたら
大変と、飲ませるのを止めました。
お薬も軽いものだと3時間ぐらいしか持たない
ようで、夕飯のときに飲ませると早く効き過ぎて
意味が無くて、医者にも匙を投げられました。
でも、そうは言っても私の体が持ちそうもなく
なったら、もう一度相談します。


ままさんへ

コメントありがとう。
老人のパターンて、様々でそれなりに大変ですね
家のおばあちゃんは運動能力が高いのか、体力が
あるのですね。
本当に負けそうよ。
自分が倒れる前に、対処法を考えます。


runさんへ

コメントありがとう。
本当にどうしてなんだろう?
一種の興奮状態のようなのですが、これも認知症の
症状のひとつなのでしょうか?
お薬、飲んでも動くってすごいよね。
足元がおかしいから静かにしていようって
考えられないのよね。
困っています。
Posted by ふみ at 2008年11月20日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。