2008年12月22日

睡眠導入剤の副作用

今朝のおばあは夜中に活躍していたので気分はHIGHかと
思いきや・・活力がEMPTYのような状態。

おかしい〜?

着替えも全然判らなくて、着せるのにも大変。
入れ歯も付け方判らず、口を開けるように言っても閉じたまま。
やっと食事になっても、食べる気がなくパンを手に持たせると
それはそれはゆっくりと眠っているのかと思うほど進まない。

おかしい〜?

デイサービスの連絡帳に今朝の状態を書いて、注意して見て
いただけるようメモる。

会社に行く道々、おばあのことを考えた。
急に、老衰がくるか?
ふと、思い当たった。
睡眠導入剤のアモバン錠を飲ませたことに。
翌朝は口が苦くなるといわれた。
そのせいで、食欲が無かったのかもしれない。と。
仕事中に「アモバン錠」についてネット検索。(悪い社員です)

---*----*
アモバン錠

概説: 寝つきをよくするお薬です。

作用: 脳の神経をしずめる作用があります。そして、不安や
緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、自然に近い眠りに
誘います。

特徴: 睡眠薬として広く使用されている系統です。
比較的安全性が高く、効き目もよいので、不眠症の治療には、
まずこの系統が使われます。
同類薬のなかでは、持続時間が超短時間型です。寝つきの悪い
ときや一時的な不眠に適します。翌朝の眠気や不快感も少ない
です。筋肉をゆるめる作用が弱いです。
切れがよい反面、服用直後や夜間起床時に一過性の健忘や
もうろう状態を生じることがあります。

注意:とくに高齢の人は、夜中にトイレにいくときなど、ふらついて転倒につながるおそれがあります。十分注意して
ください。
翌朝まで薬の影響が残り、眠気やふらつき、注意力が低下する
ことがあります。

副作用:比較的安全性の高いお薬です。正しく服用するかぎり、
重い副作用はまずありません。ただ、人によっては、翌朝に
眠気やふらつき、けん怠感や脱力感などが残ることがあります。
高齢の人は、転倒にも注意してください。

          ---*----*-----*---

これだ!
薬の影響が残って腑抜けのような状態になっていたのだ。

夕方、デイからの連絡帳を見ると、いつもと変わりなく
過ごしてきたらしい。。

人騒がせな!

でも、アモバンをやめる気にはならない。
また、確かめてみよう。






ラベル:睡眠薬 不眠
posted by ふみ at 23:58| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふみさん、こんにちわ。
コメントありがとうございました。

手のかかる家族のお世話毎日ごくろうさまです。
うちの母もいずれはこうなるのかしら、とても私にはできないなあと思いながら、ほぼ毎回訪問させていただいていますよ、、

別のブログにあったのですが、危険がないように居間とキッチンに入れないように鍵をかけるという方法がまくいっているようでした。

おばあさんの手の届きにくい上のほうに両側サムターンの補助錠をつけるとかなにか工夫をなさってみては。

今思いついたのですが、ベビー用のじゃばらのフェンスみたいなものは使えないかしらね、、、。



Posted by tomo at 2008年12月23日 07:16
ふみさん、こんばんは。
毎日ほんとうにお疲れ様です。

お薬って本当に難しいですね。
認知症の症状が色々あるのと同じように、
効き目も副作用もやはり色々なんでしょうかね。

介護保険の更新のため専門病院に行って、
実はお薬をだされました。
義母の強迫的な行動を抑えるためですが、
なんだか薬まで必要なものかどうか、
そこからまだ迷いがあって・・・。
でもおそるおそる使い始めました。
あ、自分のブログ、更新しなくては・・・。

伯母さまに丁度いい眠剤が見つかるといいですけど。でも、試して見ることも新たなストレスになったりしますね。
明日は全国的に冷え込むそうです。
伯母さまもふみさんんも、ちゃんと暖かく寝ることができますよう・・・。
Posted by トボ at 2008年12月23日 19:45
ふみ様
コメント有難うございます。年賀状はまだ途中ですよ。細切れの時間帯で作業しているので、まだ、出していません。毎日、お忙しいですね。ご苦労様です。

お薬は、ある意味、本当に怖いですね。高齢者は薬が効きすぎたり、予期せぬことがおきたり。
気をつけて観察していないと、それが薬のためなのかそうでないのか?わかりませんね。

高齢者はどうしても睡眠障害があります。寝るときは寝て欲しいですよね。気持ちはわかります。これは、本当に大変なことだから。

毎日が夢中で過ぎていくと思いますが、ふみさんの健康も是非、ご自愛ください。介護に疲れてくると、不整脈が出るし〜〜

Posted by スコア at 2008年12月24日 10:12
ふみさん、コメントを、ありがとう。
ディズニーリゾートに行くのは、無趣味の私のたつたひとつの楽しみでもあります。
障害のあることも忘れて、笑って過ごせるところが大好きですね。

おばさま、いろいろと変化もあるようで大変でしょう。
とくに、年末年始は、ディーもお休みでふみさんの負担も大きくなると思うので、ご自身のお身体にも気をつけてください。
Posted by kouei at 2008年12月24日 16:30
tomoさん
トボさん
スコアさん
koueiさん

コメントありがとう。
先日は、おばあがよく寝てくれたものですから、
皆様のブログを拝見に行きました。
普段はなかなか時間が取れなくて、おばあのこと
書き付けて終わり。。
だから、まとめ読み。各々楽しかったです。

おばあのこと、ほんと、毎日大変なの。
おばあの様子は日替わりで。
寝る日、寝ない日、活発な日、何も判らない日
困ったもんです。
でも、やるしかない。。。
ここで愚痴を吐きながら、
いただく意見を参考にして、工夫しながら
おばあの生を見届けます。
体調を心配いただき、うれしいです。
応援ありがとうございます。
Posted by ふみ at 2008年12月24日 21:05
ふみさんこんばんわ。

人の体内時計は25時間と言われていますよね。
認知症の妻が昼夜逆転するのは、これを24時間に調節する能力が失われてきたのだと記録をとって発見した介護者がいます。
一覧表になっているのだけど、みごとにずれているのよ。
おばあさんの場合には心当たりがありませんか。

http://homepage3.nifty.com/130530/kimi42.htm
ページ内検索のキーワードは「君子の体内時計の推移」です。

Posted by tomo at 2008年12月25日 00:38
tomoさんへ

コメントありがとう。
すごいホームページを紹介してくださり
ありがとう。
読み入ってしまいました。
しっかり観察記録し、発見したのですね。
そしたら、それなりの体内リズムがあった。
おばあはそこまで、きちんとしたリズムは無い
ようです。
ただ、トイレは通じることがあります。
おばあは君子さんのように素直でなく
行きたくない。なんて意志を主張して失敗する
のですが、ご主人の19年にも及ぶ介護。
頭が下がりますね。
私なんて、愚痴と諦めが多くてダメだわ。
良いHP見せていただき、感謝です。
Posted by ふみ at 2008年12月26日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。