2009年01月07日

手の甲のあざ

おばあの右手の甲に4cm四方位の紫になったあざがある。
昨夜、夕飯の時に見つけた。

目立つ! 何をしたのだろう?

今度は私か?

直前にトイレでペーパーをおばあに持たせて、自分で拭かせた。
最近はやってあげることの方が多いが、この時は、自分から
ペーパーホルダーに手を伸ばしたので。

ところが、、、

使い終わった後、便器の中に、ただ落として捨てる。という
ことが出来ない。

「捨てて。」
「これを?」持ち上げて聞く。
「この中に、捨てるの。ここで、手を離して。」
「ここ?」行動に移さない。
「パッと落とすの。」
言葉とゼスチャーで伝える。
そしたら、便器の中に手を入れてしまった。

あ”〜!

それでも、おばあは紙を離さず、おまけに濡れた紙を絞る。

私はおばあの手首を持って、「指を開いて。」と、手を振る。
指を一本一本開かせ、下に落とそうとすると、
おばあは、落ちないようにその紙を左手で受ける。

一体、何をやってるの。。って、感じ。。

「捨てるのよ! 汚いのよ!」手の甲をぴしゃりと叩いた。

触りたく無かったが、取り上げて捨てた。

最初からこうすれば、良かったのだ。。。トホホ

でもなァ・・・???
そんなにすぐ、紫のあざになるかな?

「どうしたの?」当人に聞いても
「”#$%&’&()=〜¥*」

さっぱり〜

あざは困るのよ、痛々しいし、誤解を招きそうで。


ラベル:認知症 虐待
posted by ふみ at 19:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「当たり前」のことが、当たり前に出来なくなるといろいろと大変ですね。
私の母も、自分の意思をうまく伝えられないようになってきたので、私にはわからないところで、母もストレスを感じているのかもしれません。
出来るだけ母の顔を見に行くように心がけています。

ふみさん、今年も宜しくお願いします。
Posted by kouei at 2009年01月08日 09:35
koueiさんへ

コメントありがとう。
今年もよろしく、ご指導ください。

何処まで,判らなくなるのでしょうね。
本人は何処まで、判っているのでしょう?
判らないままでも、意志の疎通をはかる努力は
しないと、いけませんよね。
何もしないのとは、違ってきますよね。

寒さが日毎厳しくなります。
koueiさん、お体ご自愛くださいね。
Posted by ふみ at 2009年01月08日 23:09
時々ここに来て、ふみさんに励まされてる者です。
今年もよろしくお願いします!
うんち系は始めは匂いだけで泣きたくなったけど、だんだんひるまなくなりますよね・・・。
私は子供はまだだけど、子育てと似たようなものなのかな。
違うか〜(^^ゞ
ウチの祖母も顔にぺたぺた絆創膏はってて、客人の目が怖いでーす。
Posted by ダメ孫 at 2009年01月10日 10:04
こんにちは、やっと役所関係の手続きが終わったと思ったら葬儀屋さんの集金でした。見積もりをすでに持っていたのですが改めて高額と知りまた母がイライラッ!です。父がいなくなってするべきことは私と息子がしました。母は単なる付き人でした。書類作成のお金は母の財布からでしたがまるでお人形さんついてまわるだけでした。それでも口から出る言葉は文句ばかりです。栄養失調になった私ですが片手に経口栄養座ドリンクを持ちまるで母と闘っているようです。何を思っているのか、でも食べることだけは我が家で一番の母です。さっき言ったこと、聞いたことが「わからない!?」どうなってしまったのか、このままどんどん進んでいくのか私までが倒れそうです。
以前、父の手の甲に点々とあざがありました。
たぶんどこかでふらっとなり皮下出血したと私は単純に思っていました。母は全く気がついてないようです。私も体力が落ちているので打った覚えがなくても青じんでいることがあります。
でも母は「どうしたの?」の声もなく自分ひとりでキリキリしています。超自己中の人間になりました。
ふみちゃんさん、周りの方で事情は知ってられる方は何も言わなくてもわかってくださるのではないですか?そう思わないと生きてられないわ〜〜。。。。
Posted by run at 2009年01月10日 13:54
ダメ孫さんへ

コメントありがとう。
本当に・・恐ろしいことに慣れちゃうね。
子育ても似たようなもの。
でも、子どものすることは可愛いし、どんどん
学習していくから、楽しみがある。
おばあちゃんは、後退で驚きばかりだからね。

絆創膏貼っているおばあちゃん、想像すると
可笑しいですね。

今年もよろしくお願いします。


runさんへ

コメントありがとう。
葬儀の後も、色々大変ですね。
お疲れ様です。
お母さんは仕方ないですね。
息子さんが力になってくれて、良かったですね。
一段落したら、ご自分の体のメンテナンスを
してくださいね。
おばあちゃんのアザは、デイの方はわかって
くれるだろうと、思っています。
他人の目を気にして、余計な気を使うのも
面倒ですものね。。ありがとう。
Posted by ふみ at 2009年01月11日 01:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。