2009年01月13日

徘徊とは

本人が理由を説明できないので、本当の所はわかりませんが
ふと何か用事を思いついて、あるいはずっと以前のことを
ひょっこり思い出して、行かなくては!という、強い意志で
出かけてしまうということがあります。
また、自分がいるところを自宅と認識できずに「家に帰る」
と、言ったり、何となく外の空気が吸いたい、歩いてみたい
と、思うのか出てしまいます。

いったん外に出ると、何の目的で何処に向かっているのかも
わからないまま、歩を進めています。

戻りたいと思うのか、思わないのか、もう道もわかりません。

疲れて、座り込んで親切な方に声をかけていただくとか
運良く、見回りの警察官に気を留めていただくか
他人様の敷地内に入って、見咎められて通報されるか
偶然、家族に見つけてもらうしか
おばあは家に戻れません。

その衝動は昼夜も天候も問わずです。
ラベル:認知症
posted by ふみ at 22:04| Comment(0) | 徘徊の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。