2009年01月13日

昼夜逆転

昼間は比較的、おとなしくしているのに、夜になると
落ち着きが無く、家の中を動き回ります。

トイレに連れて行き、白湯などを飲ませて、寝かせますが
すぐ起き出して来ます。

誰かが来ている。と、玄関を開けようとしたり
音がした。と言っては歩き回り
時間の観念もないので、布団を全部たたんで
家中の電気を点け、思いつくままの行動をします。

特にお昼寝をしたとか、昼間、興奮するようなことがあった
わけでもなく、平気で起きています。

家族の靴を、あちこちに持ち歩き、おかしな所に
仕舞い込んだり〜
居間にあるものを自室に持って行き、片付けてしまったり
食べ物があると、無制限に食べてしまったり〜
食べ物が無ければ無いで、ティッシュやタバコを食べて
しまうことも。

睡眠剤も利かず、この「寝ない日」は付き合うのが大変。
ラベル:認知症
posted by ふみ at 23:10| Comment(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: