2009年01月14日

おばあ怒る

夕飯の仕度をしていると、背後でガタゴトと音がする。

おばあが一人でトイレに入ったようだ。
手を休めて、様子を見に行く。
トイレの灯りもついていない。
電気をつけて、ドアを開けると、驚いたように振り向いた。
何故か・・・
ズボンの裾をたくし上げている。

それじゃ、ダメだ・・トイレは出来ない。

後ろを向かせて、ズボンを下ろすと
「止めておくれ! 手が冷たい!」
いつも何を言っているのか、わからないのに
きっぱり、はっきり怒った。

「ごめんね、食事の仕度してたから・・」それには無反応


そして、夜。

時間を見計らって、トイレに連れて行くと行きたがらない。
トイレのドアの前で、壁につかまり、中に一歩踏み出そうと
しない。
「入ってください。」後ろから押すように入れようとする私
踏ん張っているおばあ。。

「私、行ったことが無いから・・・」と、のたまった!

全く、いちいち面倒な〜!


ラベル:認知症
posted by ふみ at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。