2009年01月31日

デイサービスの家族会

今日はおばあの通っているデイサービスで「家族会」があった。

「AM11:00〜PM1:00
内容は@懇談および4月の介護保険改正について
A利用者と同じ昼食をいただく昼食会。
日頃の介護について、ご家族同士や職員と話をすることで、
今後の介護へヒントやアドバイスに繋げられたらと思います。」

出かけてきた。
出席者10人、職員2人で始まった。
端に座った人から、現状とか今の悩み、施設への要望、質問を
言っていく。皆さん、喋りだすと簡潔には終わらなくて、
職員さんは施設での様子を言い添えたり、質問には一緒に
考えてしまったり〜
認知症のそれぞれの段階での悩み、家族の戸惑い〜
昼食をはさんでも話は続き、終了予定の1時を過ぎても
最後の方には行かず、2時近くまでかかった。

会の終わりに職員さんが言ったのは
「私達はここに来て、のんびり、穏やかに一日を過ごして
もらう。その時、その時を楽しくしていただくよう努めて
います。何かありましたら、ご遠慮なく、いつでも〜〜」

ガン患者のホスピスみたいだなあ〜と、感じた。
人生の最終章をのんびり、穏やかに、楽しく・・
楽しみに、通っている人は幸せ





posted by ふみ at 21:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。父が他界して1ケ月半となりました。まだ区役所の用事、銀行の相続(たいした金額ではありませんが母が父の名前で貯めていたものです)などバタバタしています。今日は母が知人や親せきからいただいてお香典がないと顔面蒼白になり一緒に探したらありました。一時はどうなるやら本当に困ったものです。昨年の夏からどうやら認知症の傾向があったもの私ひとりがどうしよう〜と悩んでいましたが、今日ははじめから息子も一緒、そして父が亡くなってからずっと母のそばにいてくれていますのでやっとわかってくれたようです。結局は母が自分でしまった場所を忘れ大慌てしたことがわかりました。もういい加減に自分を見直ししてほしいです。

ふみちゃんさんの御言葉、「人生の最終章をのんびり、穏やかに、楽しく・・
楽しみに、通っている人は幸せ」認知症になた者の特権でしょうか?私はこの頃息子にいいます。「あなたには今のような辛い思いはさせないからね」と。でも息子はいつも黙っているんです。
Posted by run at 2009年01月31日 22:21
runさんへ

コメントありがとう。
人が亡くなるってことは、大変ね。
もう現存していない、痕跡を消すように
証書類を書き換えていかないといけない。

お母様、お父様を失くされたショックで
そういう状態なのか、認知症の始まりなのか
もう少し、様子を見ないと判りませんね。

私もね、子どもには迷惑掛けたくないと、
同じ思いはさせたくないと思っていますが
どうでしょうね?自分で決められることでないから。
今、言っても子ども達、ピンと来ないのでしょう。
Posted by ふみ at 2009年01月31日 22:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。