2009年02月21日

特別養護老人ホーム

おばあの今回の「徘徊」で、限界を感じて、また4月からの
介護保険の改定などもあり、特養も視野に入れて考えようと
過去に申し込んだものを調べた。
申し込み済みのは結局1ヶ所だけで、そこでの順番は144番
同じ144番に何人もいるらしい。
でも、待っている間に他に行った人も報告がないとそのまま
並んでいる状態だから、144番が本当かどうかもわからない。
でも、何時、入所できるか聞かれても、わからない。
判らないことだらけ〜

ただ、1ヶ所では確率が低すぎるので、何箇所にも申し込みを
しておいた方がいい。と、会社の人と話されて、行動に。

早速、ケアマネさんに連絡して、事情を話す。
「特養」を希望と告げた。
有料老人ホームでは、経済的に無理だから。。


特養老人ホームは、介護老人福祉施設であり、
老人福祉法に基づいて65歳以上の人で、身体上または精神上
著しい障害があるために、常に介護を必要とし、自宅での介護が
難しい人を擁護するための施設のことを言います。
運営主体として地方公共団体や社会福祉法人が多く、公の
イメージの強い施設です。

この特養での費用というと、通常の有料老人ホームでかかる
費用とは少し違います。
通常の有料老人ホームでは、入居一時金などといったお金が
入居時にかかります。
しかし、特養の費用は、そのように施設ごとに異なる料金では
なく、介護度や年金収入の額によって、負担額が決められます。

聞いた所によると、8〜10万/月のようです。
介護保険法がこの4月に改定になるので、もう少し上がるよう
ですが。
有料老人ホームが入所金30万〜で月に20万前後ということと
比べると、半分。

従って、どこも今から「待機の列」に並ぶとなると100番台
らしいけど、申し込んでおく。
また、おばあの様子や、介護側の家族の状況に応じて、「待つ」
ことに絶えられなくなった時に、また次の方法を考えることに
する。。

そして、ケアマネさんに「入所申込書」を届けてもらった。
記入して、各施設に持参しようと思っている。

家族の方が行って、事情を話したほうが良いでしょう。と、
いうことなので。





posted by ふみ at 22:27| Comment(2) | 手続き・届出関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
tomoです。こんばんわ、お久しぶりです。
聞くところによると、困りぐあいによっては、順番はあまり関係ないのだそうですよ。
申込っぱなしじゃなくて、ときどきいつ頃になれば入れそうか問い合わせたほうがよいとも。

ふみさんの家の「おばあ」さんは、私には最高ランクに思えます。
早く入れるといいですね。
Posted by tomo at 2009年02月22日 02:26
tomoさんへ

コメントありがとう。
 
そうなの?
やはり、申込書を持って、回ってみます。
ダメもとの気持ちでしたが、少しは可能性
が、あるかもですね。。
ありがとう。
Posted by ふみ at 2009年02月22日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。