2009年03月10日

トライ&エラー

今日、精神科の受診でした。
40代はじめの若い先生でした。

おばあは昨日の夜、あれから起き出して、今朝も気分はハイグッド(上向き矢印)
自宅から車で40分位かかる病院でした。
おばあを助手席に乗せていったのですが、静かに座っていなくて
ドアポケットの地図を出してみたり、着ている服を触ったり
運転の気が散って、「静かにしてて!」何度言った事か。。

待っている間も、自分の服や私のバッグや、座っている椅子
色々なことに気が散って、落ち着き無くて〜うるさい。
呼ばれて部屋に入り、先生と話をしている間も、何か好き勝手に
しゃべって・・・。
先生は家族構成や私の姉妹の数、何番目かとかまで聞く。
そこまで、何のために? 質問を受けながら不思議な???
次はおばあに、簡単なテストをしますね。と、言い
今日が何年の何月何日か。聞かれても「ハア〜大変ですね」
姉妹の何番目か質問されても「・・・・」
時計やスプーン、鉛筆を机に並べられて、「覚えてください」
当人はそれら備品の後ろに書かれている「外来4」を読んで
いて、先生が片付けて「何がありましたか?」聞かれても
関心なし。
何一つ、答えられない。
聞いてる私は、全部無理だから止めて欲しかったけど
先生は生真面目に続ける。
「さる、とり、いぬ。僕は今、何を言いましたか?」
だから・・・無理だって〜。
おばあは薄ら笑い。

その後、脳のCTを撮り、再び診察室に。
CTの画像に「隙間」があるのを確認して
「どうされたいのですか?」私に聞く。
夜に活動されるのが困るので、何か良い処方があったら・・

セロクエル25mgを・・トライ&エラーなんですよね。
これで試して・・
薬の説明に入る。高齢だし、効き目が人によって違うし
死亡率が高くなる場合もあるし・・・そうでない場合もあるし。
1錠飲ませて、変らなかったらもう1錠飲ませて、2錠までは
いいですから。最初から2錠でもいいけど。。

薬局で薬と一緒にいただいた説明書のよると
「不安な気持ちを抑えたり、心の混乱を整え気持ちを安定
させるお薬です。」と、ある。

全てが終わり、そのままデイサービスの施設まで送った。
昼食を取り置きしてもらっていたので。

出かけてから、預けに行くまで正味3時間半。
私、ぐったり〜。。。

さて、そのお薬効き目やいかに?
先程、一眠りして、起き出して来たので1錠飲ませた。




ラベル:精神科外来 不眠
posted by ふみ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。