2009年03月12日

情報提供書

昨日、かかりつけの医者から電話があり、お願いをしていた
診断書が出来たとのこと。
今朝、取りに行ってきた。
受付で済むかと思ったが、先生からお渡ししますとのこと。
先日の精神科の受診の様子を報告した。
丁度、先生も勉強会があり、おばあが処方された薬について
知識を得てきたようで、うなづいていらした。

「介護老人保健施設療養情報提供書」
書いていただいた書類。
これを添付して老健に申し込みをする。
特にお願いもしなかったのに、5枚も用意してくださり
「じゃ、これでトライしてみてください。」

今日のおばあの様子は普通。
今夜も寝る前、活発だったので娘の助言もあってセロクエル錠
を半分にして飲ませた。1錠だと効き過ぎるようなので。
今の所、良く眠っている。

寝る前はティッシュの箱をいたづら。
紙を引っ張り出して、次はその紙を押し込んで、取り上げて
普通に1枚出ているように直すと、その紙を中に押し込んで
ついでに、その辺にあるものを、押し込んで。。
1歳か2歳の子ども並。。。「触らないで!」と言えば
次は新聞を広げたり、折りたたんだり、じっとしていない。
どうしてなんだろう?



posted by ふみ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。