2009年04月02日

おばあの返答

食事時は活気があって、集中力があって、一生懸命なおばあ。
あっという間に、食事が終わると・・
薬・白湯と手渡されるまま飲み、入れ歯はずしは人任せ。
食事時に見せた「活力」は見事にしぼみ、手を引かれるまま
居間のソファーに移動。
寝床に連れて行かれるまでの時間をそこで、省エネモードで
過ごす。
「省エネモード」とは、眠るでもなく、起きているでもなく
最低量のエネルギーを使って、ソファーに座っている状態。

時々、おばあに声をかける。
今日は夫が私を指し「あの人、誰だか分かる?」
おばあはすかさず「私の妹です。」と答えた。

あら、私のことを母と間違えたのかと、うれしくなり
母と母のすぐ上の姉の名前を出し
「私はしずさんですか? みっちゃんですか?」と聞いた。
おばあは、これまたはっきりと
「東の方です。」

からかわれているような気になります。ガッカリ!ふらふら




posted by ふみ at 01:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は 子供達と 間違われますよ〜〜

母にとっては 孫です

私も ちょっと がっかりします(^_^;)

Posted by まめおです at 2009年04月02日 22:55
まめおさんへ

コメントありがとう。
寂しいですよね。
忘れられちゃうと・・。
毎日、身近にいても、忘れちゃうなんて
信じられません。。
自分が物忘れが激しくなったら、大事なことや
大事な人は書いておこうと思っていますが
どうでしょうね?
Posted by ふみ at 2009年04月05日 21:39
89歳で人工肛門に。虚言癖、夜中徘徊、ストーマを外す。介護師、看護師、医者等、関わる人たちの悪口を言い続ける。風呂拒否(足、水虫だらけやのに・・・)、デイサービス拒否。手術なんかしないで、あのまま、死なしてやったら良かったのに・・・
心底、そう思います!
Posted by 認知症って悲惨!!! at 2012年04月19日 23:12
認知症って悲惨!!!さんへ

コメントありがとう。

どうしていいのか、対処に困りますね。

でも、その方の生きている意味があるのです。

私はそう思います。
Posted by ふみ at 2012年04月21日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。