2009年04月06日

ピークは午前2時

土曜日の晩だったから、良かったようなものの。。。
昨晩のおばあの入浴時間は午前1時30分頃。
正確には日曜日の始まりの時間。

夜、元気が良かった。
そこで、眠れるお薬「セロクエル錠」を半錠飲ませて寝かせた。
そしたら、次の目覚めが午前1時ごろ。
私がお風呂から出てきて、眠ろうとしていた頃。
居間の方で、起きていた娘に話しかけているおばあ。
「おばあちゃんもお風呂に入りたいって。」
むっとした私は、無言でおばあをお風呂場に連れて行った。
お湯をジャージャー体に掛けて、体を洗う。
体を洗うために、腕を上げようとすれば力を入れて抵抗し
下半身を洗うため、「立って」と言っても通じず〜
やっと立たせて「何もしないで、立っていて」と、言ったって
言うこと判らず、体を曲げて手で足をこすってみたりする。。
そんなことしたら、あなたのお尻が、私の顔についちゃいます!
「頭を下げて。」の意味も判らず、そのままでシャンプーをし、
全身をきれいにしたところで、湯船へ。
この間に、下着やおむつの準備。
ゆっくり浸かったら、良く眠れるかと思って、長めに湯船。
適当な時間に、声をかけたら「このままで結構です。」
腕を引いても頑として出てこない。
それでは、もう少しと思って待つ。
気持ちが良いのか歌を歌いだした。
それが「仰げば尊し♪」始めの1節2節は良かったが、そのうち
歌詞も音程もメチャクチャ。
でも本人ご機嫌〜♪
私は居間と風呂場を行ったり来たりしながら、ただ待った。。
そのうち、静かになったので声をかけたら素直に出てきた。
白湯とセロクエル錠を飲ませ、寝かせた。
私、湯冷めしました。

おばあは気ままでいいよな〜。



posted by ふみ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。