2009年05月24日

トイレでのバトル

今日のおばあとの格闘はトイレ。
夜、寝るまでの時間を居間で過ごしていた。
立ち上がって、庭に出る窓を開けようとする。
「そこはダメ。何処行くの?」
「トイレ#$%=〜!$」
「トイレはそっちじゃないよ!」連れて行く。
背中を押すようにトイレの前まで。
ドアを自分で開けるおばあ。
中を見渡し、ドアを閉める。
「入るのでしょう。ここでいいのよ、開けて。」
ドアを開けて中に入る。
フタを空ける。
すごい〜!ちゃんと判っている〜と、感心していると
ズボンを下ろさぬまま、座ってしまった。
腰を持ち、脱いでからじゃないとダメよ、と言いながら
立たせようとするが、腰に力を入れて座り続けようとするおばあ。
「ホラ、どうしたの。立って!」
上半身を抱きかかえるようにして、持ち上げようとするが
踏ん張って腰を落とすおばあ。
少し、おばあの腰が浮いた所で、片手でズボンを下げたい所だが
今度は私の両腕にがっつりとしがみつき。どっちが抱えている
のか、判らない均衡状態。
「ホラ、立ってよ。ズボン脱がないと出来ないでしょう。」
頑として体に力が入るおばあ。
取っ組み合い状態のバトルの末、何とか脱がせ座らせた。
それと同時くらいに、オ○ッコが出る。
その直後に夫が「何の騒ぎなの」とやってくる。
「騒ぎが聞こえたら、早く来て助けてよ!”」
バトルの興奮冷めやらぬ私は夫に八つ当たり〜。

一体、何のための戦いなのか????


posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。