2009年06月20日

自然な動作

人には意識も無く自然に出来る動作がいくつもある。
いつ学んだのか、知らないうちに出来ていること。
ところが、おばあのように、何かを少しづつ失っていく時、
それは行きつ戻りつなのだが、昨日まで出来たことが今日から
出来なくなるわけではなく、今日出来なくても、翌日はまた普通
に出来たりと、するのだが・・・・
その自然に出来る動作が不自然になる。

先日、笑ったのがズボンの穿き方。
朝からボンヤリ〜でズボンを足元に持っていってスタンバイを
しても「足を上げて」と言っても通じず、やっと足を通せば、
足首を曲げて指先を下に向かせることが出来ず、
立っているままの足の形で、ズボンに足を入れた。
だから、ズボンを上に上げると足が引っかかり上手く穿くことが
出来なかった。
「何でなの? 足に力入れないで!」と、言っても意味が
判らないおばあはそのまんま。

当たり前のようなことが、当たり前でなくなる。
この段階では、それも当たり前〜〜??


posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。