2009年07月05日

褥瘡(じょくそう)

おばあに褥瘡(じょくそう)が出来てしまいました。
背骨の下の方で、お尻の上、仙骨部という場所です。
直径2センチ位、赤くなって皮が剥けています。
痛々しいです。

「WEB DOCTOR」というHPから調べてきました。

褥瘡(じょくそう)とは、一般にいう、床ずれのことです。
褥瘡はその人の体格や寝ている体位によって生じる場所は
さまざまですが、体重のかかる骨の突出している部位で、
脂肪や筋肉の薄いところによく発症します。
皮膚の表面には毛細血管が走っていて、その血流によって皮膚
には栄養が与えられています。体の一部に持続的に力がかかると、
表面を走る毛細血管が圧迫され、皮膚への血流が乏しくなり、
その部分の皮膚が死んでしまいます。
この状態を虚血性壊死といいます。このように、体の一定の
場所に、一定時間以上、一定以上の圧力が加わって皮膚が
虚血性壊死に陥ったのが褥瘡です。
 褥瘡のほとんどは、寝たきり状態の人に起こります
また、加齢によって皮膚が薄くなっていたり、栄養状態が
悪かったり、糖尿病などの持病により、感染に対する抵抗力が
落ちていることも、褥瘡が発生する要因になります。
 また、尿失禁や便失禁の回数が多かったり、発熱、脱水なども
褥瘡発生の危険度を増します。   ---*---*

寝返りを打つことが無いのかもしれませんね。と、薬剤師さん
から言われた。
結構、寝姿見ているけど、その度に色々な体勢でいるけどな。
そう、おばあは寝かせる時、いつも足を伸ばさないで立てている。
そのために、仙骨に圧がかかるのかもしれない。。

そんなわけで、今日医者に行った時に、先生に診てもらって
「ユーパスタコーワ軟膏」というのを処方してもらった。
早速、入浴後、ガーゼ側に塗布して、そっと貼り付けた。
洗う時も、その部分は触らないようにしたが、おばあは「痛い」
とか「沁みる」とか言わない。

「赤いな〜」とは思っていた。
オムツ替えるときは前側から、向き合う形でするので気がつか
ない。後ろを気をつけて見ていなかった。。
いつの間にか、皮がむけてしまっていたなんて・・失敗した。


ラベル:床ずれ 高齢者
posted by ふみ at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、おばさま褥瘡ですか?
私の父もありました。入院して4ケ月目からできたそうです。寝たきりだったので仕方ないそうですが、下半身、両足のかかと、なぜかずっと脚を組んでいたので右足の甲にもありました。亡くなる前はずいぶんひどく普通のガーゼでは水分や膿が流れ出し紙おむつで処理をしてもらっていたそうです。要介護5にもなると「痛み」を感じないらしいですが同じお部屋の方に褥瘡の処置のときのにおいでご迷惑をかけたそうです。
昔とちかって今は良い薬が開発されていると聞きました。早く治られるといいですね。
すぐに広がってしまうとのこと、色々とふみちゃんさんも大変ですね。
Posted by run at 2009年07月06日 22:53
runさんへ

コメントありがとう。
お父様も出来たのですか?
おばあも痛みを感じないみたい。
そして、なぜか寝るときは膝を立てています。
足を伸ばして寝かせても、すぐに同じ姿勢になります。
歳をとると、寝返りなどもしなくなるのでしょうかね?
薬、効いているみたいです。ちょっと安心。
Posted by ふみ at 2009年07月07日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。