2009年07月22日

夢うつつの朝

今朝も起こしに行くと、反応が無くて、でも私の都合もあるし
デイに行く準備もあるので、無理やり体を起こし、着替えをさせ
トイレに行かせ、洗面をさせ、食卓に座らせるのだが当人は
90%眠っている。
何か、口に入れたら目が覚めるかと思い、牛乳を飲ませるが
ゴックンしないものだから、そのうちダラダラとこぼす。ちっ(怒った顔)
「もう、いい! ソファーの方に座っていたら・・」
そういって、椅子から少し強引に立たせようとすると、
身の危険を感じたのか、テーブルをしっかりと握り、動かない。
なんだ・・・ちゃんと、判っているんじゃない!!

目をつぶって、人に身を任せながら、全部判っていて面倒な
ものだから、眠ったふりをしているのじゃないか・・

デイの連絡帳にも
[午前中はカラオケでしたが、目をつぶられて参加意欲の反応が
無かったので、ベッドに横になっていただいています。
お昼ご飯も、はじめはいらないと、言われていましたが職員が
何度か声をかけさせていただき全量召し上がられています。〕
午後ははさみを使って何かできたようだ。

夕方から夜になると、調子が出てきて部屋の引き出しを開けて
ガサゴソ。ズボンを引っ張り出して、パジャマのズボンの上に
重ね履き。暑くて、汗をかいてしまうと思い脱がせると
気に入らないのか私を突き飛ばした。

もう!〜
以前の昼夜逆転とはパターンが違うが、これもそうなのか。
目をつぶっているおばあを、起こして動かして、これって
いいのか?
腹立たしさや不安、疑問で考えてしまう私。



posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。