2009年07月26日

夜の時間

昨日の土曜日、医者に行ったあとの午後からは眠った。
今日の日曜日は10時頃起床。
朝昼兼用の食事をさせた。
お腹が一杯になった為か、食後すぐに居眠りを始めたので
寝床に連れて行くと夕方までぐっすり〜。

だから・・今、起きている。
長い〜夜の時間だ。
起きていてもかまわないのだが、おばあの場合、色々するので
目障りになってくる。
夕食後、居間でテレビを見ていたが、すぐに飽きてテーブルの
上の新聞をたたんだり、端をめくって数えているふうだったり、
テレビのコントローラーを手に取ったら、やたら押さえつける
ので音量が上げてしまって、びっくり〜
ふと、気がつくと部屋の隅にある大きめの植木鉢を持ち上げて
いたり〜
座布団とクッションとぬいぐるみを重ねているかと思えば
座布団カバーのチャックを開け、中を引っ張り出してみたり〜
じゅうたんを手で盛んにこすってみたり〜
乗馬マシンの操作部分を何故か剥ぎ取ろうと夢中になったり〜
片っ端から、手をつけていく。
その度に「何をしているの。止めて〜」
何でも興味を持つ幼児の様に、行動はとどまることを知らない。
先ほど、トイレに連れて行き、部屋に行って寝かせた。
「ありがとう。奥さん」そう言われたが、すぐに起き上がって、
暗い部屋の中でタオルケットを何かしている。
きちんと座って、黙々とタオルケットの端を持ち何かしている
のを見ると、今、彼女の頭の中の場面は何なのか?知りたい。
眠れないからしているのか?
仕事(家事)のつもりか?
楽しいのか? 
淋しいのか?
行動には意味がある筈。
おばあは想像の及ばない世界に生きている。
時に、おばあの生きる力に恐れを感じる。


posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜間せん妄(昼夜逆転) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。