2009年11月08日

寝続けた一日

日曜日、おばあは出かける予定無し。
起こすこともせず、私は家事にいそしんだ。
10時ごろに、雨戸を開けに行った。
おばあは身動きもせず、寝続けた。
昼頃、起こしに行った。
「起きて、ご飯を食べなさいよ。」
「ヤダヨ〜」
それでも、起こしてトイレに連れて行って、オムツを交換した。
済むと自分から部屋に戻って、布団に入って寝た。
夕方4時過ぎに起きて、台所辺りをウロウロし始めた。
さすがにお腹が空いたのだろう。
トイレに連れて行き、手を洗わせた。
私がオムツの始末をしている間に、おばあは自室に向かっていた。
「おばあちゃん、お茶にしようよ。」声かけながら追いかけたら
おばあは急ぎ足で自室に駆け込み、部屋のドアを閉めた。
昨夜から何も口にしていないのに、お腹が減らないのか?
夕食時、起こしてトイレに連れて行き、今度は食卓についた。

おにぎり2個、味噌汁。
きんぴらごぼう、野菜の煮物、餃子2個。
食後にバナナ半分。
薬と白湯。

良く食べた。。と、思っていたら、パン籠に手を伸ばした。
小さなアンパンを、渡した。
モグモグと食べている。

私がおばあとは反対側にあるテレビに気を取られていると息子の
「おばあちゃん、駄目だよ。」の声。
振り向いてみれば、きんぴらごぼうの皿から、手づかみで取り
食べようとしていた。
小皿に移し、箸を手渡し、食べさせる。

これで終わらせる。
入れ歯をはずした。

おばあにとっては、今が朝。
一日寝たなら、しばらくは眠くならないなあ〜
今夜は長そう〜




posted by ふみ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。