2010年02月26日

入所申込書再提出

市役所の介護保険課から封書が届いた。
中には「入所申込書兼居宅・施設における介護状況報告書」の
再提出について、とある。

その文面は・・
介護老人保健施設(特別養護老人ホーム)の入所にあたっては、
必要性の高い方を優先して順序を決定していますが、その
判断基準を、4月1日以降の入所判定分から、認知症や
住宅状況などを、より適切に評価できる方法に変更いたします。
そこで、既に入所申込をされた方は、新しい評価方法で審査を
行うため、新しい申込書に記入していただく必要があります。
つきましては、下記書類をご記入の上、同封の返信用封筒にて
ご提出くださいますようお願いいたします。

えっ〜!

つい、この間に面談を受けて、入所も近くなってきたと喜んで
いたのに・・・
また、評価方法が変ったからって、最初から、並びなおし?

もう〜! 何だか・・がっかり。
入れる前に、病院行きかもしれない。
もちろん、書類は再提出するが・・

前途を暗くされたのは、その中にあった「参考」と書かれた用紙

施設には原則として、下記の基準により点数の高い方から
入所者を決定します。
1、本人の状況で介護度・・これは介護度4なので高得点
2、介護の困難性(主たる介護者の状況)
この2の項目が、私にとって厳しい。
* 身寄りが無い。
* 主たる介護者が入院中。
* 主たる介護者が要介護状態、病気療養中、障害の状況。
* 主たる介護者が申込者以外も介護している。遠隔地にいる。
* 主たる介護者が未就学児を育児中。生計中心者として就業中

この項目の中では、主たる介護者の私はどれにも当てはまらない。
強いていえば、「就業中」だけど、主たる生計者になるのか疑問
この2の部門では加点が無くなってしまう。
と、なると点数が低くて入所の順番はず〜っと後退・・

政策によって、ここにきて、制度が変るのは・・・辛い。


posted by ふみ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き・届出関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。