2010年07月05日

洋服の整理

3日の土曜日、
私の住む市では、月に一度の古着回収日。
半透明の袋に入れて出せば、無料で回収してくれる。
リサイクルにもなる。
私の風邪の調子も落ち着いてきたので、おばあの洋服を少しでも
出そうと広げた。
おばあの部屋は、まだ、ほとんど手がつけられていない。
始めると、引き出しのいくつかを見るだけで時間がかかり
結局、いくらも片付かないで時が経つ。
思い直して、後日に、もう一度、開いて捨ててみたりするので
遅々として進まない。
今回はおばあが普段デイサービスに通っていた時に、着ていた
服の入っている引き出しを片付けた。

よく着せていたな〜
どの服にも、思い出というか、着ている姿が目に浮かぶ。
取っておいても、誰も着れるものでもない。
それにしても、大きな袋に、ポンポン詰めて、捨てようと
している自分が冷たく思われる。
でも、このままというわけにも・・と、片付けた。

おばあの服は、まだまだ・・ある。
おばあの趣味の品も、お稽古の道具も、まだまだ・・ある。
残された家族は、皆、この作業をしているのだろうか?
さっぱり、すっきり、捨てているのだろうか?
思い切って、一度に、目をつぶって捨てた方がいいのか?

80を過ぎた、趣味を通じての友人が、
「私は片付けの時期に入ったのよ。これからは物を増やさず、
少しづつ捨てていかなくてはならないの。」
そう言って、趣味で使う物をくれたりする。
考えさせられる。





posted by ふみ at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 遺品整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふみさん おはようございます。

片付け・・・開いては思い出に浸ってしまうのですね。
そうですね。ポイポイ捨てるのもなんとなく気後れするのわかる気がします。
しかし、そのままにしておいても。。。
いづれはやはり処分しなくてはいけない物なんですよね。

友人が、私に50を過ぎたら少し身辺整理しないとダメだよと言います。
歳とってからと思っているとわからなくなって出来なくなるからと言うのです。

ばあちゃんの大量の写真・・・すべて煩い義弟にあげちゃおうかな?
私は、同居してからのばあちゃんの写真が数枚あればいいかな。
Posted by うちゃこ at 2010年07月07日 09:49
うちゃこさんへ

コメントありがとう。

そうか、50を過ぎたら始めなくては遅いのか?
私は、もう、とっくに、その段階に入っている・・
こんなふうに、残った人を困らせないように
しなくちゃね・・

写真か・・忘れてた。
たくさんある・・・
Posted by ふみ at 2010年07月07日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。