2010年07月20日

介護認定の次は?

先日、高校時代の友人と会った。
久しぶりなので、楽しみにして、その日が来た。

友人の一人の実家の母上が、最近急に弱ってきて、近い所に住む
お姉さまと足しげく実家通いを始めたそう。
お母様は弟夫婦と同居しているが、共働き。
引きこもり気味の孫娘がいて、おばあちゃんの食事や様子など、
その姪が見ているそう。
家族の心配の種だったその姪頼りになっているが、用が済めば
自室に閉じこもってしまうので、食事を一緒にするとか、
話し相手にはならないそう。
この先、どうしたものかと・・・そこで、私に聞きたいことが
あると、介護について質問をしてきた。

介護認定を受けた。
「要支援」の判定だったそう。
そして、市役所から介護業者や施設などが書かれた冊子を渡され
たが、その先をどうすればいいのか・・わからないという。

そのお母様は、老人性ウツ病でデイサービスなどには、通いたが
らない。医者にもなかなか行かない。
ただ、家でボーっと過ごしているそう。

介護認定を受けたら、今度はどんなサービスを受けたらいいか、
個々の事情によって、違うからその相談をするケアーマネジャー
を見つけるの。
そのためには、もらった冊子にある業者を、家から遠くない所を
基準にして電話をして、お願いするの。
中には手一杯で受けてもらえないところもあるから・・。
その業者からケアマネさんが派遣されてくるから、そこでデイに
行くとか、リハビリのある施設を聞くとか、様子を見に来てくれる
人を頼むとか、住宅の改造とか・・etc 。
お母様にとって、よりよいサービスを見つけるの。
そして計画書の作成をするのよ。
ケアマネさんが性格的に合わなかったり、不親切に感じたら、
いつでも申し出てチェンジをお願いできるのよ。
介護認定が「要支援」より進んでいる気がするって、気になるなら
再審査の要求も出来るのよ。
介護認定を受けただけでは、何も始まらない。
お母様は自分で進んでするわけがないし、共働きの弟さん夫婦も、
まだ事態を深刻に考えてもいないと思う。
だから・・あなたとお姉さんで手続きを進めなさい。
ただ、様子を見に来る人を頼むとなると、弟さん夫婦と相談しない
と駄目よね。
他人が家に出入りするわけだから・・。
動きたくないお母様を説得するのは大変かもしれないけど、
精神科の先生も「環境」を変えなさいって、言っているわけだから、
自分の家に連れてきて住まわせることも出来ないなら、
考えてあげなくちゃ、早いうちに〜。

こんなことを私は話した。

結局、もう一人の友人も実母と娘との女3人暮らし。
エアコンのコントローラをよく無くすとか、新聞が消えるとか、
おかしなことが起きていると言ってた。
楽しいね〜と、皆で笑い飛ばしました・・けど・・

久しぶりに会って、何時間も話したことの大半が親や老人介護、
制度の話だった。
そういうお年頃になったのかと、・・
また近いうちに会いましょうと約束したけど、今度は彼女達が
自由になる時間がないかもしれない。


posted by ふみ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き・届出関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。