2010年09月14日

お清めの塩

お清めの塩
会社の人が取引先の会長の母上が亡くなったので、お通夜に出かけた。
翌日、出社して会葬御礼の品を片付けていたら、「お清めの塩」が
使われずに出てきて、思い出しました。

お清めの塩の意味とは・・・
古来から人々は死を恐れ、死を穢れたものとして見てきました。
葬儀に携わったものは穢れを受けるので、身を清めなければ
日常生活に戻れないとされたのです。
葬儀の帰り道に海辺でみそぎをしたり、手に塩を付けて洗ったり
したのも、そのため。 まるで泥や汚れのように、穢れは外から付くと
考えられていたのでしょう。
今では葬儀に参列した時にもらう会葬御礼に「お清めの塩」が付いて
います。帰った時、家に入る前に塩をぱらぱらと体にふりかけるあるいは
足元に振りまきます。

日本中、どこでも同じことだと思っていましたら、先日の秋田の義兄の
時は、家に入る前に小さな台が置いてあって、そこにお清めの塩と
紙コップと水と柄杓が置いてありました。
どのようにするのか見ていると、塩の袋を開け、少量を紙コップに入れ、
水を汲み入れ、うがいをするのです。
残りの塩を体に振り掛けて終わります。ちょっとした時間がかかるので、
行列になってしまいました。

そうそう、お焼香の時も・・
自宅や寺で、執り行ったので、お焼香の時も立って、焼香台に行ってする
のではなく、座っているところに四角い箱型の焼香セットが順送りに
回ってくる方式。すると、順番が来た近所の人たちはゴソゴソと、立派な
小さな札入れみたいのを出して、その中から10円玉を取出し、
つまみ上げるものの中に10円玉を埋め込むように刺していました。
私のところに来たときは、何枚も埋め込まれていました。
それって、どういう意味があるのでしょう。
お寺さんが持ち帰るのでしょうか? 
その家の人のものになるのでしょうか? 

そうそう、告別式の時にも、お経が始まる前に20センチ四方の白い布が
配られました。男性も女性もその布を後ろ襟首に挟みます。
お焼香が済むと、外してよいそうです。初めて見ました。
初めてやってみました。不思議な姿です。
そっと、写真に撮ってしまいました。今度、アップします。


ラベル:葬式 風習
posted by ふみ at 15:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふみさん こんばんは

すごいですね。
お清めの塩・・・
知らないことが、たくさんです。

将来・・・ばあちゃんが寿命を全うしたときお葬式をすることになりますが、私は何もわからないことだらけなので。。。
あ〜親戚からなんやかんや言われそうで恐いです。
それなら煩い親戚が、先に逝くまでばあちゃんに頑張ってもらうか?
いや・・・それも永いな(爆
お葬式逃げれないですね。
Posted by うちゃこ at 2010年09月15日 19:20
うちゃこさんへ

コメントありがとう。

お葬式って、余程、大物の方でないと
準備というか、手順の下調べなどしませんよね。
ある日、突然で・・・
しかも、その土地の慣習があったりして・・
何もわからなくても、何とかなってしまうものですが、大変な行事です。
子どもに負担や迷惑かけないよう、自分の時のこと、
考えた方がいい時代かもしれませんね。
Posted by ふみ at 2010年09月15日 23:59
ふみちゃんさん、こんばんは〜。
9月になって少し朝晩が涼しくなりましたね。お体の調子はいかがですか?
私はやっと39キロ代になりました。7月末からずぅーと点滴で先生もお盆休みを私のために点滴してくださって・・・。感謝しています。母は今日2回目のデイの見学に行きました。1回目は雨降りもあって30分くらいで帰ってきましたが今日はなんと2時間もいたそうです。ちゃっかりとおやつまでいただいて
若かったころの歌が流れると一緒に口ずさんでいたようです。さあ、これでデイに行ってくれるのかしら?父がいなくなって3回目のお彼岸を迎えました。だんだんとさみしさが出てきます。父が好きだった「おはぎ」もお供えしました。
私はネットで「小さなお葬式」とゆうのをみつけ自分にはこれがよいかなあ?ってこの頃考えています。
我が家でも認可は受けてないですが母のようにデイを倦厭する方、またどなたでも、一緒に好きなお茶とお菓子持参で楽しいひとときをしませんか?って家の入り口に張り紙をしていますが今の所、何の電話もありません。
一応、母のためにと初めてみよう!と思ったのです。尋常小学校のCDを買ったりしました。
Posted by run at 2010年09月22日 22:57
runさんへ

コメントありがとう。

朝夕涼しくなって、少しホッとしますね。
体重が少し増えてきて、良かったね。

お母様、デイの見学会に出かけたの。
通ってくれるといいね。
runさん、偉いね。
お母様の為に・・張り紙出して、行動を起こしたなんて、すごい!
まだ、問い合わせが無くても、きっと誰か見ていると思うよ。
私も身近に、そういう場所がおばあのためにも
自分の為にも欲しいと思ったことがあるもの。
諦めないで、続けてみてね。
runさんが、何だか元気になってきたみたいでうれしい。
Posted by ふみ at 2010年09月23日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。