2006年05月08日

デーサービスがお休み

4月1日から介護保険法が変わったのか、介護認定で「要介護3」のおばあは幸いにも一月に使える点数が増えて土日を除く月から金曜日まで通えることになった。

つまり土日だけが家に終日居ることになる。
その土日は私が会社がお休みで家に居る。
家で見れるからということでそうしたのだが・・

一日のことなのに一日で語りきれないことが起こる。

今日は天気も雨模様だった。
庭に出ることも出来ず、部屋の中で過ごす。
不思議と今日は寝ないで一日起きてる。

時間の観念がないので3時30分ごろに台所に来てウロウロしている。

「どうしたの?」

「今日はおそばにでもしようかと思って、お湯を沸かす」という。

食事の支度など10年以上も前からしたことない。
ちなみに昼食はうどんを茹でて食べさせた。
それに今はまだ昼の3時30分。

「そんな心配はしなくていいから」と台所から出て行ってもらう。

もう、思い込みモードになると、取り付かれたように
2-3分おきに台所に来て、同じことを言う。

おなかが空いてきたのかと思いお茶にする。
筒状になったクッキーのようなお菓子があったので出した。
そしたら、それをストローかと思ったのか湯飲みに入れ
吸おうとする。
のどが火傷しちゃう
手に持ってそのまま食べるの。と説明する。

こんなことがわからないのか?

あーわからない。




posted by ふみ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

介護保険法
Excerpt: 介護保険法介護保険法(かいごほけんほう;(平成9年12月17日法律第123号)は、要介護者(同法7条3項)等について、介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定めることを目的とする法..
Weblog: 介護についてのページ
Tracked: 2006-06-07 00:08