2011年03月03日

一周忌の準備・手順

おばあの命日は2月27日
一周忌の準備は前年から始まった。
一周忌は四十九日同様、親戚の者も呼んで普通にしようと思っていた。

1 日程の決定
年末にお墓参りに行ったときに、和尚さんに声をかけた。
そしたら、カレンダーを出してきて、法事の日は2月27日、
事前の打ち合わせは2月17日にと決められた。
その日までに出席者と、上げる塔婆の数と名前をわかるようにして
おきなさいと言われた。

2 はがきでお知らせ
1月20日に「法事のお知らせ」を往復はがきで親戚に出す。

3 返事を待つ間、法事の時の食事処や引きものの品を考え始めた。

4 はがきの返事で人数確定
食事処を探して見に行ったり、仮予約
引きもののを考え、2日前に家に届くよう手配(お菓子と品物)

5 お寺さんとの打ち合わせ
出席者数、お塔婆を上げてく出さる方の名前一覧を渡す。
お寺さんからはタイムスケジュールの話。
開始の30分前に集合、お経の時間は45分、その後墓参りで
終了とのこと。
こちらで用意するものは本堂で読経するときに上げる
果物5個、菓子折り1箱。
後は、お金でお布施、お花代、塔婆代、墓参り用の線香代。

6 食事処を決め、料理を決め、人数を伝え、お寺に
マイクロバスで迎えに来てもらう時間の連絡。

これで、当日を迎えた。

親戚の皆が参集してくれて、法要が済み、和やかな雰囲気で
過ごしてくれた。
おばあの妹であり、私の母の姉である伯母は、足が悪くて
出席されなかったが、書留を送ってきて
「姉さんは法事をしてもらえて、幸せな人だと思います。
ありがとうね。」と手紙に優しい言葉を添えてくれた。

無事に一周忌の法要を執り行うことが出来て、大人の責任が
果たせたようで、ほっとしている。

おばあちゃん、文句ないでしょう。
まあまあでしょう。

来年は3回忌。
その時は、家族だけでしようと考えている。


posted by ふみ at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふみさん♪
今日は〜!ご無沙汰致して居ります。
おば様の一周忌ご苦労様でしたね。
月日の経つのは本当に早いですよね。
おば様もきっと皆様にお会い出来てふみさんに感謝していたと思います。
我が家の母は3月26日に親族だけで法要を
する事にしました。
お互いに来年は3回忌ですね〜これから母に逢いにお参りに行って来ますね。
春とは名のみ…まだお寒いですからふみさん
お身体ご自愛下さいね。
Posted by ひろりぃ at 2011年03月08日 10:20
ひろりぃさんへ

コメントありがとうございます。

本当に、不思議な時間の感覚ですね。
毎日がドラマチックで、にぎやかだった日々
忽然と、消え去られて・・
自分の気持ちの処理が出来なかった・・・

でも近頃になって、叔母のおかげで、得難い経験をさせてもらい
自分にとって、良い時間だったと思えるの。

残ったものの務めを、果たしていきます。

ひろりぃさんも、ご自愛くださいね。
思わぬ疲れが、出てしまうかもしれないから。
かかりつけのお医者さんに、私が言われていることですが。
Posted by ふみ at 2011年03月08日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。