2011年06月15日

三島町工人まつり

去年の1月に、日本民芸館を見学に行ったときに、
日本民芸協会の発行する「民藝」という冊子を買った。
そこに福島県大沼郡三島町の取り組みが書かれていた。
昔から行われていた自然素材を用いての物つくり文化を見直し、
町民が積極的に手作りし、毎年工芸展が開かれるようになったと。
その記事を見てから、実際に見てみたいと思っていた。
車で行くにしても、電車で行くにしても遠くて、
当時はおばあもいたし、決心がつかなかったけれど
東日本震災が起こって、福島に住む妹の様子を見がてら、
この度、思い切って足を延ばすことした。
PICT0012工人まつり.jpg

わら細工、ヒロロという草を使ったバッグを置いた店
PICT0026わら細工ヒロロ.jpg

かごの店
PICT0017籠の店.jpg

竹細工の店。
PICT0027竹かご屋.jpg

山ぶどうのつるやクルミの皮で作ったバッグ。
編み方が手の込んでいるものは10万円前後する。
PICT0022山ぶとうとクルミの籠.jpg

どの店の作品も素晴らしくて、時間を忘れる。
お店の人と、作り方や材料についての話を聞く。
とても、買えなかったけど・・・見ているだけで、楽しかった。



ラベル:観光 福島
posted by ふみ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。