2011年07月11日

もしかして徘徊?

今日は何事もとんとんと進み、夕飯も早く済んだので、夫と食後の散歩に出かけた。
家の中にいるより外の方が涼しいと、散歩コースも川沿いの土手を選択した。
8時少し前に出発。
小1時間のコース。
土手は散歩する人とか
ジョギングする人とか
帰り道を急ぐ自転車に乗った若い人あるいは
河原でたむろする若い人のグループで占められる。
ところが橋に近いところで土手に向かう80前後の老婦人に出会った。
両手にバッグや手提げ袋を持っている。
スーパーの袋ではないし、買い物帰りには見えない。
立ち止まって、バッグの中身を手で探っていた。
服はパジャマではなく、普段着。
帽子まで被っている。
気になって、様子を見ていると土手の方に向かって5m位進んだかと
思うと、くるりと引き返してきた。
そして立ち止まる。
車が2〜3台駐車している間に入って、立っている。

午後9時近く。
もしかして、認知症の徘徊?

夫に、声かけてみようか? と聞く。
「いいよ。大丈夫だよ。」
スタスタと先に行ってしまう、私も続いてしまった。、
振り返り見つけようとしたが、暗くて判らなくなってしまった。

その後の帰り道、ず〜っと気になって仕方なかった。

もし次回、同じような場面に出会ったら、夫が先に行っても
自分は声をかけよう。と心に決めた。

私の思い過ごしでありますように。。。





ラベル:認知症 徘徊
posted by ふみ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。