2011年08月31日

タッチケア

認知症の改善が見込めるタッチケア

今夜の「ためしてガッテン」で放映。

認知症の母親を介護している娘さんが攻撃的な言葉を使うように
なった母親に困っていた。
そんな時に、友人の看護師さんから教わった「タッチケア」を
試したら、穏やかになり、認知症までが回復?したと紹介されていた。

やり方は・・・
認知症の方の手を、両掌で挟むようにして触る。
なでおろすだけ・・
マッサージオイルなどをすり込んで、こすると良い。

1秒に5センチの速度で触る。
早すぎても、遅すぎてもダメ。
1秒に5センチの速度でなでおろすと安心感みたいのが
伝わる。

相手の気持ちを慈しんでさわる。

注意点は相手が望まないときはやらないこと。

効果は・・・・
攻撃性がダウン
ストレス物質が3分の1になる
ネガティブな感情が減る。

認知症を介護なさっている方は、試してみてください。




posted by ふみ at 21:34| Comment(4) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

ばあちゃんが攻撃性あるときは、そんなこと考えもつかなかったし・・・きっと私自身触れたくなかったかも。
でもその後、眠る前に浮腫んだ足をさすったあげたりしました。
少しは効果あったかな?
記憶にないと思うけど・・・
ムービーにでも撮って何回も見せれば良かった。
人の手は、1番です。エステもやっぱり機械よりハンドです。

ハンドパワーですね(笑)
Posted by うちゃこ at 2011年09月06日 00:46
うちゃこさんへ

コメントありがとう。

色々、分からなくなっても、優しくされている
ということは、感じるのでしょうね。
家のおばあも、寝る前に足をさすったりしてあげると
静かにしていました。
気持ちいいとも、ありがとうも言いませんでしたが。

不思議と、してあげている側も気が鎮まったりしていました。

本当に、ハンドパワーって、すごいかも。
Posted by ふみ at 2011年09月07日 00:07
はじめまして。
シロップといいます。
実は、『おばあ』が亡くなる前にこちらを見ていまして。
暫くして久しぶりに見に来させて頂いた時には『おばあ』は亡くなっていました。
それから、やっと初めての書き込みです。
馴れ馴れしい呼び方で、すみません(汗)

私の身近な認知症の人では、実母や親戚、施設などでも見たり感じたりしてきました。
もともと精神障害で、恐らくレビー型認知症であった実母は今、植物状態と言われ病院で意識なく静かに過ごしています。
時折お邪魔して、とても参考になります。
何にでも関心を持つようにしているので、ためしてガッテンの記事嬉しいです。
私もホームページやっています。
認知症とはあまり関係ないホームページですが、とんでもない人生を味わいつつ。
またお邪魔します!
長くなりました。
おばあのことをいつまでも思っています。
よろしくお願いします。
Posted by シロップ at 2011年09月15日 22:33
シロップさんへ

コメントありがとうございます。

先日ね、人は亡くなっても、誰かの思い出の中にいたら
それは生きているってことなんですって。
だから私の両親も、おばあも、おじいちゃんも
生きています。
私が生きている限り。。

今日もスーパーで私の前で、お会計をする
可愛らしいおばあちゃんを見て、おばあを
思い出しました。

お母様に、触って、呼びかけてくださいね。
その声も感触も、必ず、届いています。

Posted by ふみ at 2011年09月15日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。