2011年09月16日

認知症患者の運転免許証

認知症患者の運転止めず 同乗夫婦を書類送検
京都新聞 9月16日(金)14時29分配信

 京都市北区で2月、7台が絡み、1人が死亡、12人がけがをした
多重衝突事故で、運転手が認知症と知りながら運転を中止させなかった
として、京都府警交通捜査課と北署は16日、重過失致死傷の疑いで、
同乗していた運転手の実兄(68)とその妻(63)を書類送検した。
自動車運転過失致死傷の疑いで、運転手の無職男性(61)も書類送検した。

府警によると、男性は2008年ごろに認知症と診断され、兄夫婦の
立ち会いのもと、医師から運転をやめるよう忠告されていた。
男性は容疑を認めているが、兄夫婦は「認知症とは知らなかった」と
容疑を否認している。
警察庁によると認知症患者が起こした交通死亡事故で、同乗者の送検は
記録にない。患者本人の立件も異例。

2002年の道交法改正で、認知症と診断されたり、その疑いが
ある場合は運転免許取り消しか停止処分の対象となった。
本人や家族が公安委員会に申告する必要があるが、府警によると
、男性と兄夫婦は申告していなかったという。

 男性の書類送検容疑は2月27日正午ごろ、乗用車を運転中に
認知症に伴う発作で意識を失い、北区北大路通西大路東入ルで
信号待ちの車列に衝突、車6台とバイク1台の玉突き事故を起こし、
男女13人に重軽傷を負わせた疑い。
バイクの男子大学生=当時(20)=は意識不明の重体だったが、
4月に死亡した。
 
兄夫婦の書類送検容疑は男性の病状や医師の忠告内容を知りながら、
運転を止める注意義務を怠った疑い。
 府警によると、男性は認知症の一種のアルツハイマーと診断され
ており、事故当時は、運転の仕方が分からなくなった可能性が高い。
当初は
「治療を受けて薬も飲んでいたのだから運転しなければよかった」
と話していたが、今は運転したことも忘れている、という。

--------------*

61才で認知症?
免許の取り消しは家族か本人の自己申告?

今の免許更新の規則だと、75歳以上の更新時に認知機能の検査が
行われる。
日付とか記憶の簡単なテストをするらしい。
75才にならないと、それは無いってこと。。

私も免許を持っている。
可能の限り、更新していきたいと、現在は思っているが
これから、高齢化社会を迎えて、車に乗らざるを得ない生活の
人たちは多少のことでは・・・・免許を申告などして手放さない。
こんな事故を見ると、怖いなあ〜と思う。





posted by ふみ at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

難しいですね。認知症・・・今は、若年も多いし。
家族も気が付かないこと多いように思います。

でも亡くなった家族の方の気持ちになると・・
なんでって思いますよね。
私は、免許ありませんが主人は62歳で車で遠出します。気をつけなくてはいけないのですね。
Posted by うちゃこ at 2011年09月26日 22:59
うちゃこさんへ

コメントありがとう。

私の住んでいる市でも、少し郊外とかに行くと
すれ違う車の運転手は高齢の方が多いのよ。
日常に車を使用しないと生活が出来ない。
他人事ではありませんが、心配です。
Posted by ふみ at 2011年09月27日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。