2006年10月25日

私の見栄?

毎朝、洋服を出して着替えさせている。

夕食の仕度をしている時、夫が「あのさ・・あっいいや!」

「何?・・・言ってよ」

「今日、何を着せた? 着替えさせた?」

「ベージュのズボン。細かい模様のブラウス、白と黒の

変わり織のカーディガン」

「何か、ボテボテした茶色のカーディガンに普段着のズボン

だったよ。迎えに来たとき気がついて着替えさせると言ったら

迎えの人は今日寒いからそれでいいですよ。と連れて行った」

「えーっ! ヤッダァー・・」

待っている間に、また勝手に着替えてしまったのだ。

みっともない格好はして欲しくないと思うのは私の見栄?

怒っても仕方が無い相手だから怒ることも出来ずブツブツの心中

そしたら娘に言われた。

「そんな服は全部捨ててしまえばいいのよ。そしたら

どれに着替えたっておかしくないじゃない・・・・」

その場では反発した私だったが一理ある。

洋服はたくさん持っている人、普段着用になった服を捨てても

困らない。良い服を大事にしていても着る機会は無い。

食べこぼしのシミがついたっていい。

そのまま寝てしまったっていい。

そんな心配してないでドンドン着せよう。

今度の休みにチェックして、名前を付けて・・


・・・・・私にその整理が出来るだろうか・・・・
・・・・・捨てられるだろうか?・・・・





posted by ふみ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふう〜ん  本人なりのお気に入りの洋服があるんですかねェ・・・?  
それとも何の意味もない行動なのかな・・・? 
おしゃれする気持ちとかってなくなっちゃうのかな・・・? 
着て貰いたくない服が捨てられなかったら
別のわからない場所にしまってしまうというのはどうですかね?
Posted by ナンテンの実 at 2006年10月26日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。