2012年04月22日

こむら返り

19日の木曜日、テニスをしている時に、左ふくらはぎが突然クッと、
固まり、普通に動けなくなりました。
こむら返りです。
---こむら返りというのは、足がつることです。
ふくらはぎのひふく筋や神経が異常な緊張を起こし、
筋肉が収縮したまま弛緩しない状態になり、激しい痛みを
伴う症状です。ふくらはぎを「こむら」といいます。--

ベンチで足を延ばしたり、さすったり、筋肉消炎剤の
スプレーを吹き付け、静かにしていた。
夕方になると、痛みは増し、左足に力が入りません。
引きずって歩いていました。
翌朝、治っているかと期待しましたが、階段が降りれません。
左足に体重がかかると痛いのです。
こんなこと初めてです。
今までに足がつることはあっても、伸ばしているうちに治り、
翌日まで持越しなんて、ありませんでした。

医者に行きました。
若い先生は、ズボンの上からふくらはぎを触り、
「断裂もしていないし、つってしまったんですねぇ。
飲み薬と湿布薬を出しておきます。
ストレッチをするといいです。」

何だか、拍子抜け。
でも、ホッとした。
薬飲んで、湿布して、幾日か経てば、治るらしい。

この間、誰彼となく、足がつった経験談を聞き集めた。
予防のために、運動後は湿布薬を貼るという人。
何日も痛みが続くのは普通だという人。
寝ててつるという人は、市販薬を買って、すぐ飲むという。

立ち仕事や、運動中や、高齢者に多いらしい。

結局、加齢による〜ってこと。(ガックリ~)

今後のために、対処法を調べました。
----*-----*
まずは安静にし患部を冷やします。そして筋肉が異常に
収縮しているわけですから、伸ばしてあげましょう。
伸ばすときは一気に無理矢理伸ばすと筋肉組織が損傷し、
肉離れに発展してしまうこともあるため慎重に行って下さい。
伸ばし方は足の親指を持って(つま先でも可)、足を頭の方向へ
近づけようとするとふくらはぎの部分が伸びます。
反動は付けずに深く伸ばすようにすると効果的で、
しばらくすると痛みが引いて緊張が解けるでしょう。

痛みが引いた直後は極力運動を再開せず、しばらくは歩いたり
ジョギング程度の軽い運動までにしておき、入念なストレッチで
クールダウンをするようにしましょう。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)という漢方薬は
非常に効果があり、即効性にも優れています。
芍薬と甘草の2つの生薬を組み合わせた漢方で、足の痙攣が
静まり筋肉の弛緩作用があることが解明されています。
芍薬は血の巡りを良くする作用があり、生理痛などにも
利用されている生薬です。甘草は鎮痛効果があり、
しびれや痙攣に作用します。
この二つが合わさって、こむら返りに対応できるということです。

しかし、副作用として足のむくみや血圧上昇の恐れがあることが
指摘されています。医師の診断の元、用法用量はきちんと
守るようにしましょう。
------*-----------------*

私が医者で処方されたのは、この芍薬甘草湯でした。
食後1包、一日3回、2週間分を出されました。

それまでに治れば、2週間飲まなくてもいいのかな。
治ったら、次回のためにとっておこう。
国保使用で、治療と薬で¥1360でした。

本当にびっくりの初体験でした。
加齢によって、今後、色んなことが起きるのかな?


posted by ふみ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。