2012年04月25日

「認知症」は病名?

会社に送られて来る法人会の冊子にこんな記事が載っていた。

「認知症は病気の名前?」

誤解している人が多いが、認知症というのは、症状を示す
言葉で、病名ではありません。
医師の中にも「認知症です」といって、診断を済ませる人も
いるので要注意。
認知症になる原因疾患は、大きく分けて
アルツハイマー型
脳血管性
レビー小体型
前頭側頭型などがあります。
また正常圧水頭症のように手術で状態が著しく改善するもの
もあります。
原因疾患によって、治療法や薬の処方、ケアの仕方も違います。
だから・・・・
家族は認知症の症状かな?と思ったら、かかりつけ医に
認知症の専門医を紹介してもらい、確定診断を受けた方が良いそうです。

*確定診断=何の病気かはっきりと決める診断のこと。

例を挙げると、アルツハイマー型認知症と診断されて
養護老人ホームに入所した女性。徘徊し、介護に反抗的。
服を脱ぐ、食事を投げるなどの行為が目立った。
専門医でレビー小体型認知症と診断され、薬が変更されると
状態に変化が見え、意思疎通が可能になり、笑顔が戻ったそうです。

もう一つの例は、認知症でてんかんと診断され複数の薬を
飲んでいた80代の男性。
歩けず、興奮しやすく、大声を出すなどの症状が出ていた。
ところが、専門医に見てもらうと「アルツハイマー型」と、診断。
さらに下肢の筋力、関節の状態を見て、機能的には歩けないはずがない。
薬の中毒症状で歩けないのではないかと指摘。
薬の減量とリハビリを開始、2か月程度で歩行器で移動が
可能になるまで回復。

早めの確定診断が重要という、お話でした。



posted by ふみ at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しく真摯に?拝読させて頂きました。
実母が認知症になり、3年になります。
最近、徘徊の兆候が現れました。
午前10時に「少し歩いてくる」と出かけ、午後11時に持って出たバッグ(3万と家の鍵)と腕時計が無く、手ぶらで帰って来ました。何処を歩いたのかも覚えていない・・・
バッグが無いことも覚えていない・・・・
肩から斜め掛けにしてバッグを持つように言っても、年寄りみたいで「いやだ」と言い張る。(84歳なのに)
財布無くしても、肩から掛けたく無いと言う。
こんな時、どうしたら良いのでしょう・・・・?
Posted by MORI at 2012年06月03日 19:28
MORIさんへ

コメントありがとうございます。

ご心配ですね。

問い詰めてしまうのですよね。
でも、当人からは要領の得ない返事か無言で。

心の隙を突かれるように、徘徊されて、困りました。
GPSの携帯電話を持たせればいいって
言われたって、そんな時代の人では持ち歩きません。無理ですよね。
大きく名前と電話番号をを書いて、服に縫い付ければいいと
言われたって、いたずら電話でも来たらと、余計に心配。
首から名札を下げたら、本人がはずしてしまうし、
手首に入院患者にするようなバンドをつけたら
切ってしまう。
よくわからない風でいて、みっともないって感覚はあるようで。。。
なす術ありませんでした。
靴には書き込んで置きましたが、警察では気が付きませんでした。
いなくなったと届けておいたから、連絡が来ました。

徘徊する先も、決まっていなくて全方向。

このまま探せなかったら、どうしようって
不安に思ったものです。

MORIさんには、「これがいいよ」って
答えてあげられなくて、ごめんなさい。

服に留められるようなブローチのようなGPSがあればいいですね。

とりあえず、お財布は小銭入れにして
身に着ける服や靴に名前と電話番号をどこかに書き込んで
一人で家から出ないように、内鍵を工夫して
出来ることから、手を打ってみて。
いなくなったら、とりあえず、すぐに警察に届けておくと
どなたかが見つけて保護してくれた場合、連絡が来ます。

無事に帰ってきてくれたから、良かったけれど
転んだり、事故にあったりしたら大変です。

徘徊が始まると、気が休まる時が無いですよね。
伯母の場合、朝とか夜とかという認識が無くなって、ふっと出かけてしまいましたから。

私は「こうなんだよ〜!」って、ここに書きつけることによって
ストレスを貯め込まないでいられたようです。
皆さんから、コメントいただけて、現状を客観的にも見れたし、励まされました。

MORIさんのお役に立つことは出来ませんが
一緒に、困ったねって、思うことは出来ます。
わかっている人に話すと、少し気が晴れます。
吐き出しに来てください。





Posted by ふみ at 2012年06月03日 23:15
ふみ様

ご返事有難うございます。
今週中に実家であるマンションに転居します。徘徊の記録等読ませて頂き、今後も参考にしたいと思います。同じ年齢の父は「もう好きなように生きさせる」と心の奥底で思っている様な気がします・・・
食事も洗濯も掃除も全て父1人でやっているのが可哀想で同居を決めましたが、母はきっと嫌がると思います。(父は全く怒りませんが、私は怒りますので・・)

只、認知症の人には怒らず優しく接しましょう等々書物には書いてありますが、私は治療法が無いと言う事は難病であり、怒らない事が正解とは考えていません。
あくまでも、普通の人間として扱って行こうと考えています。

Posted by MORI at 2012年06月07日 03:23
MORIさんへ

同居が始まるのですね。

そうそう、本には本人のペースや話にに合わせましょう。って
書かれていますよね。
そう、出来るときもあるし・・
出来ずに、大きな声を出してしまうときもあります。

私は不謹慎でしょうか、伯母がすること、言うことを面白がりました。
笑うと、伯母も一緒になって笑うときもありましたよ。
楽しんでくださいね。

伯母のおかげで、少し、人としてお勉強できたように
思っています。

Posted by ふみ at 2012年06月07日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。