2013年09月21日

一時停止違反

昨日は彼岸の入りだったが、趣味の会の作品展初日で
車に荷物を積んで、10分位の所にある会場に向かった。
お墓参りを車で来る人が多いのか(当市は墓地が多い)
とても道が混んでいた。
徐行運転が続いていたが、信号を左折したら空いてきた。
その道を少し直進すると突き当りになり、左右に分かれる。
左に行く道は信号手前に左斜めに道があり、信号に関係なく
左折が出来る。
そこを左折すると、会場はすぐ先。
私は減速し、ブレーキを踏み右を見て、左折をしたら
警官に留められた!!
滑るように左折したようで、一時停止をしていないと
言われた。
ブレーキを踏み、右を見ても、止まらないとダメ!
標識もあるでしょう。
ショック。
ずーっと違反もなくゴールド免許だったのに。
¥7000の罰金で2点の減点ですって・・・
落ち込んだ〜。もうやだ〜(悲しい顔)

この話は、会場について即、皆に報告。
今後の注意喚起に役立ててもらうつもり。
でも、、、、夫には話せない。
今日も、話さない。
言われることは分かっている、
慰めてもくれるであろうが、聞きたくない。
言われたくない。

警察官は意地悪。
それなら、手前で立っていて注意を促せば良いだろうに。

今日、午前中に墓参りに自転車で行ったが
この道も、車は7時から20時までは一方通行で
他の時間帯は相互通行になる。
知らずに通ると、入る時には見えない少し坂を下った
場所でつかまる。
以前、つかまっている人を見た。
それなら、手前に立っていて教えてあげたら良いじゃない。
悪気でしているわけでは無い善良な運転手を
こんな暗い気持ちにさせる権利が警察官のどこにあるのよ!

捕まえることによって、今後の運転に注意喚起を促す
目的なのかもしれないけど。。。
税金が不足していて、特別徴収週間なのか?

今日も会場に向かう途中、昨日より、少し手前の方に
警察官が立っていた。
ここでは、シートベルトか速度違反者を探すのか?

皆様も運転に気をつけてくださいね。

あ〜〜〜!ショック。



posted by ふみ at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
少し前のブログではありますが、同じ経験をしましたのでコメントさせていただきます。

本日一時停止違反の切符を切られ、怒り収まらない者です。
一時停止のルールって、たいていの人が知らないんですよね〜〜とかと私を捕まえた警官は言いました。
『それなら、手前に立っていて教えてあげたら良いじゃない。
悪気でしているわけでは無い善良な運転手を
こんな暗い気持ちにさせる権利が警察官のどこにあるのよ!』
というご意見にまったく同感です。
知らないものが多いなら、なぜ、そこにわかるように立って、「ここはいったん停止してください!」と事前に言ってやらないの?と思います。
やってから、「あ、違反者いた!罰金!」とばかり出て来るやり方に腹が立ちます。
また、一時停止の場所に本当に止まったのであっても、そこでは左右の通行の具合が全然わからない場所です

運が悪い、とあきらめなければならないのでしょうね?
それぐらいの不運、どうってことないではないか、
と、世の中のいろいろな人のご苦労を知って、つくづく、思うのではありますが・・・。

私の違反よりは、「つるしあげ」のお話のほうが、ずっと心が痛くなりますね。
そういうことが世の中にあるんだ・・・と勉強させていただきました。
違反切符も授業料。
ですが、警察のやり方への恨みは忘れません。
警察からしたら、「罪人がつべこべ言うんじゃないよ!」ってところですか?

Posted by にゃんこ at 2014年06月25日 15:42
にゃんこさんへ

コメントありがとうございます。

共感してもらえると、何だかうれしい〜!
ムカつくわよね。
思い出して、また腹が立つ。
自分が悪いって言われれば、それまでなのだけどね。
本当に、一時停止のある線は、そこで停まったら見えないのよね。
もう少し、先に進まないと。

他人様には迷惑かけない、人の悪口は言わないごく普通につましく暮らしているつもりでも、
不運や災難には巻き込まれる。
この程度のことなら・・と
経験として、自分の中で片をつけるしかないのでしょうね。

でも、言わずにいられない!
誰かに聞いてもらいたい!
ここに書いて、コメントもらうと救われています。
ありがとうございました。
Posted by ふみ at 2014年06月26日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。