2013年10月28日

老眼鏡とルーペの比較

老眼鏡をかける時期
私は近視のせいか、いまだ老眼鏡をかけずとも、日常生活
にはさほど不自由していない。
新聞も読めるが、さすがに近頃、ラベルなどの小さな
説明書などが読みにくい。
そろそろ、買おうか迷い始めた。
ある時、新聞の広告で眼鏡のようにかけるタイプの
ルーペが出ていた。
老眼鏡はそのままの大きさで、見えるようにするものだが、
そのメガネ式ルーペだと大きく見せるので読んだり針仕事や
プラモデルなどの手作業をするときに便利だという宣伝文句。
どちらがいいのだろう?
どちらを買おうか?

眼科医に行ったときに、先生に質問してみた。

老眼鏡の眼鏡の導入時期というのは個人差。
どこまで見えればいいのか、精度を追及するのか、多少、
ぼんやりでも家事に不自由がなければそれで良しとするのか
個人の考え方。
ただ脳のためには、はっきり見えた方がいいですね。

ルーペ式めがねについて。
たぶん、老眼鏡で自分の目に合わせたもので補正した
うえで、使った方がいいのでは。ということだった。

ちょっとすっきり!

個人の求める見え方。
なるほどね〜。
近視でも車の運転時だけで普段は眼鏡をかけずに過している私。
これで良しとした生活をしているから、見え方に鈍感なのだわ。
脳の為にも、ここできちんとしてみよう。

眼鏡を買うために処方箋を書いてくださいとお願いしたら、
もう一度、視野検査をするので、その時に検眼と
いうことになった。
診察時に検眼したけど、眼鏡を買うための検眼とは違うのかな〜?

今度は、近視の度を今より弱くしたほうが良いらしく
近視用メガネは作り直し。
そこで、また悩みの種、発生。
近視用と老眼用のをそれぞれ買うか?
遠近両用を買おうか?
どちらがいいのか迷う。




posted by ふみ at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふみさん おひさしぶりぶりです。

老眼鏡!私は、昨年作りましたよ〜。
無くても普段の生活は、そんなに不自由なかったのですが・・・
暗い居酒屋行ったときのメニューが、見えづらかったり眠るときのベッドのライトが蛍光灯じゃないので文庫本などが見えにくかったので作りました。
まぁ〜、本の読みやすい事!驚きでした。
私も近視なので遠近の作ったほうがいいのか・・・悩んでましたが2つ持ってるのも面倒なので作りたいと思ってます。
Posted by うちゃこ at 2013年11月23日 00:54
うちゃこさんへ

コメントありがとうございます。

普段の生活に不自由を感じなくても、老眼鏡を作ったのですね。
そう、小さい字に、すぐ焦点が合わないのですよね。
作りどきですよね。
私も寝る前に布団に入っての読書が習慣なので
老眼鏡作ったら、見やすい感激味わえるかもしれないですね。
楽しみ〜!
報告します。
Posted by ふみ at 2013年11月23日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。