2014年10月21日

おばあちゃんの誕生日

昨日はおばあちゃんの誕生日。
娘達も覚えていた。
「生きていればいくつなのかな〜」と、考えもせずに
口にした私に娘が言った。
「もう、歳はとらないよ。」
なるほど・・・
おばあちゃんは時間が停まったからね。
生きていれば98歳。
もう、約5年が経つ。
昨日のことのように、覚えているのに・・・

今の私は、介護している友人たちの聞き役になっている。
「そう、そう」と共感すると、
「やっぱり、そうだった。」と、話が続く。
プールで一緒の友人は、義父母と2世帯住宅。
義父が転んで、入院をしたのをきっかけに仕事を
減らし見守り役になった。
食事の世話をし始めたら、依存され、疲れて、
最近は回数を減らしているよう。
それでも内線電話で何かと呼び出され、
買い物に連れてってと言われたり、
病院に付き添ったりでストレスがたまったのだろう。
プールの1時間レッスンを受けた後、
心臓がバクバクしてきて救急車で病院に行き、
1日検査入院した。
事なきを得たのだが、慎重を期して、レッスンも休んだ。
心配をしていたら、1週間休んで出てきた。
「具合が悪くなったら、すぐ中止すればいい。
ストレス解消になるよ。」と、皆で話した。
少し、気が楽になってくれればいい〜。

体って不思議。気持ちでは理解していても、
知らずに体にはこたえてしまうのだね。



posted by ふみ at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふみさん、こんにちは(^^)

お誕生日おめでとうございました

本当に、体って気持ちだけで動いていたら持たないですね。
無理せず、自分の体を大切にしてほしいですね。
Posted by シロップ at 2014年10月28日 04:32
ふみさん こんにちは
今日は、風邪で仕事休みです。介護していた姑は4月に亡くなりました。実母が市内の病院に転院してきましたが介護とは違いますしね。
介護していたときの事いろいろと思い出します。大変だったこと、勉強になったこと。喧嘩したこと。泣いたこと。もう嫌だ!って逃げ出したくなったこと。
今振り返るとこれも私の人生の1ページなんだなと思いますが・・・当時は終わりが見えなくて私の周りに壁が立ってる感じしました。
話を聞いてあげることは、介護してる方に1番の薬ですよね。自分だけじゃないんだよって。
でも本当、自分の体がやはり大切ですね。それが基本ですよね。
Posted by うちゃこ at 2014年10月28日 11:56
シロップさんへ

コメントありがとうございます。

自分自身、歳をとってきたという事実は何事につけ
思い知らされるのに、つい忘れてしまうのです。
馬鹿ですね。
これからは、自分自身との闘いです?(笑)
Posted by ふみ at 2014年10月31日 00:05
うちゃこさんへ

風邪のお加減はいかがですか?
私なんぞは、近頃、風邪を引くと長引いて
以前はひどい時に1日でも寝つけば、少しは
楽になったのに、最近はなかなか抜けません。
風邪は万病の素と言いますから、お大事にしてください。

お姑さん、見送ったのですね。
お疲れ様でした。
私も、見ているときはいつまで続くのだろうと
先の見えない現状に不安でした。
終わってみれば、色々、教えていってくれたのだと思います。
おかげで、他の人の聞き役が出来ます。
介護なんて、しなくても良いならそれに越した事は無いのでしょうが、私にとっては良い経験でした。
今度は自分自身の番、子どもたちにとって、良い老人にならなくちゃ。
身体に注意して、人生楽しみましょうね。
Posted by ふみ at 2014年10月31日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。