2007年08月26日

自分で出来ることはして!

今日のおばあは朝は9時ごろ、ゆっくり起きて朝食。

部屋に戻ると畳みの上にごろんと横になって過ごし・・昼食

その後・・

トイレのスリッパを手に持って、台所をウロウロ
どうしたのか聞くと「これ、預かったので・・」と、
スリッパを袋(スーパーの)に入れようとしていたらしい・・

庭に降りて、ほうきを持って掃除の真似事をして
そのうち、道路の方に行きだしたので家に戻した。

その程度のことで、他の時間・暑い日中は、畳の上でゴロン・・

夕方5時ごろになったら、まだ明るいし、暑いのに雨戸を
閉めて、布団を敷き寝始める。

こんなに寝たら夜中に大変とお風呂を沸かし、入浴させる。
体を洗うことやシャンプーはしてあげるが、最後に体を拭く
のはタオルを渡して自分で拭くように言う。
これがいい加減で、まだ水滴がついているのに、
「こんなもんで、どうでしょう?」と聞く。
「まだ濡れているわよ。」とタオルを取って濡れた所に当てると
もう人任せ・・「髪、自分で拭けるでしょう。」と戻す。
首筋にタオルを当てて終わり。
仕方ないので取り上げて、ゴシゴシ髪を拭く。終わると
「どうも、どうも、ありがとうございました。」って挨拶する。
ここが何処で、誰に何をしてもらっているのか分からない。
人に何かしてもらうことにもすっかり慣れているよう。

以前はこんな夕方にお風呂に入ることにも抵抗した。
時間が早すぎると。そんなこだわりも今は無い。

夕食をし、寝た。

今夜はどうかな? 夜中起きないといいけど。。








ラベル:認知症 入浴介助
posted by ふみ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。