2008年01月05日

健康診断結果

1月5日からおばあの通うクリニックは始まった。
月に一度の診察に伺う。

今日は起こして、食事させて、すぐに連れ歩いたせいか、
歩き方がおぼつかない。
いつも一歩前かすぐ後ろを歩いていくのだが、今日は片側を
支えるように歩く。
小さな段差で転びそう。
「大丈夫?」
返事なし。
それでも歩いて5分位の(今日のおばあの場合は7−8分か)
医者に無事つく。

12月に市で受診をさせてくれる「基本健康診査」を受けたので
その結果の話もあった。
「多少、心臓が大きくなってきているけど・・・まあ・・
 他にはこれといって、問題なし・・元気ですよ。良かったね」

身長 149.8p ずいぶんと縮んだ。
体重  40.0Kg 60代に比べたら20k以上の減量だと思う。

貧血検査・肝機能・腎機能・脂質・血糖値・痛風等
どの数値も基準値内。

治療中の疾患として「老年期認知症」と書き込まれている。

まずはめでたし、めでたし・・・・

これをコピーして、利用しているデイサービスに提出。

そう、先日「震えがある」という理由でデイサービスを早退
させられた件を話したが、特にコメントは無かった。
ただ、その時デイ側が「不整脈があるようだ。」と言われた
ことに関しては、今日測った血圧が書かれている長い紙を
見せながら、不整脈は出ていませんよ。と言ってくださったが。

薬局により、30日分の投薬を受ける。
お薬から、症状が分かるのだろうか初対面の薬剤師さんなのに
「大変ですね・・」と声をかけていただく。
毎日新聞に連載されている、認知症の父親を見ている方の記事の
話をし、「「子どもに帰る」そのことを周りが受け入れないと
介護ができないようです。」と話された。
ご褒美なのか、見本の「生姜湯」のパックを3つも袋に入れて
くれた。

帰りは比較的、しっかりした足取りになっていた。
きっと、体が起きていなかったのだろう・・・  


ラベル:認知症 健康診断
posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。