2008年01月07日

魔の時間

近頃、夜中の12時頃になるとおばあは起きてくる。
ちょうど、私が眠ろうと思う頃に・・

部屋から出てきて、台所に来る。
電気も点けずに歩き回り、食卓にやって来てテーブルの上の物を
端から手に取り始める。

その様子に出くわすたびに、自分に迷いが生じる。
何か、食べ物を与えた方がいいのだろうか?
お湯だけでも飲まそうか?
このまま知らん振りをしようか?
何も食べさせずに、夜だからと部屋に追い返そうか?

迷っている間に、居間の灯りに気がついて
黙って、じーっとこちらを見られると、私はたじろぐ。怖い。

今夜は起きないで欲しいな〜


ラベル:認知症
posted by ふみ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。