2008年01月28日

署名

手元に用紙が回ってきた。
仕事先の関係で。

「介護職員の生活を守る署名」
にご協力をお願いいたします。


宛名が内閣総理大臣様・厚生労働大臣様
財務大臣様・東京都知事様
提出人は「全国○○保健○○協会○○○支部」
この書面にある説明は要約すると
介護職員に「普通の生活」を保障できる給与体系が可能になる
よう介護報酬の改定をお願いします。

用紙を回してきた施設からも簡単な説明書が添付されていた。

---*---*----*

たび重なる、施設の介護報酬減額改定で介護職員の給与があげ
られず、介護職員の安定した生活を確保することが困難になって
います。介護の専門学校は定員割れ、介護の現場からは介護職が
どんどん離れています。このままでは介護の担い手がいなくなっ
てしまいます。
国や都に、介護職員の安定した生活が保障できる介護保障の改定
を強く訴えたいので、是非とも署名にご協力をお願い申し上げ
ます。
      ---*-----*------*-----*

このままでは「介護難民」を出現させることになる強い危機感が
あります。。。と、脅しめいた言葉もある。

現実、職員数が足りないのでデイサービスの受け入れが出来ない
と、言われたらおばあは行き所が無い。
我が家の今の生活は崩壊する。
それは、困る。
でも・・・・
介護職員さんの給与があがることには賛成だけど、その財源は
利用者の利用料に反映され、値上がりが余儀なくされる?
それでは・・・・困る。

署名はするけど、気持ち複雑。







































































































































posted by ふみ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。