2008年02月09日

おやつはケーキ

おばあは甘いものが好き。
女性は皆そうなのかな?

デイサービスから帰宅した。私はそれから少しの間、外出した
かったので、お腹が満たされていれば、静かにしていてくれる
かと思い、お茶を入れ「ケーキ」を一切れ食べさせた。

夫に言わせると、食べたってすぐに忘れるから、効果は???
と、首をひねっていたが。

ケーキはショコラケーキだがしっとりタイプではなく、上手に
食べないとポロポロ、こぼれてしまうようなタイプ。

上手に食べれない。

手にお皿を持ち、フォークで食べるのだが細かいケーキくずを
服の胸の辺りや、膝にポロポロパラパラ落とす。
食べている時に、言うのは気の毒だと思って我慢して見ている
のだが、失敗したなあ〜と、いう思いでイラツク私。

こういうことも、出来なくなってしまうのねえ〜


ラベル:認知症
posted by ふみ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の母も「食べこぼし」は多いですよ。
最近は、ステンレスのスプーンが重くて使えないようになってので、プラスチックの軽い物に変えてもらいました。
お昼ごはんの時間に行って、母の食べるのを見守りますが、あまりぼろぼろとこぼすので、ついつい私も手伝いたくなりますが、スプーンを使うのも「リハビリ」と思い、「ぐぐっ」とがまんして、なるべく手をださないようにしています。
ただ、汁物は、母ひとりで食べるのはもう無理に近く、私がお昼にこられない時は、「どうしているだろう」と気になりますね。

施設のいいところはたくさんありますが、ひとり、ひとりに合わせてというところは、職員さんが少ないので、そこまでは、ということもあります。

明日も又雪が降るかもしれないようなので、お出かけする時には気をつけてくださいね。

Posted by kouei at 2008年02月11日 08:55
koueiさんへ

コメントありがとうございます。
次の段階は箸やスプーンが使えなくなるのですね。
それにしても、見ていて、目をつぶらなくては
ならないことが多くなりました。
きりが無くて・・
家で手を掛け過ぎると、外で同じ対応をして
くれるとはかぎりませんものねえ・・

明日はまた、雪らしいですね。
私が転んで怪我でもしたら、家庭崩壊につながります(笑)
おばあちゃんのおかげで、気を張って暮らして
いけるのかも、ですね。


Posted by ふみ at 2008年02月11日 20:28
甘い物。。。
どうやら、味覚も年とともににぶようです。
でも、甘味をつかさどる部分は残るというか
舌も感知しやすいそうで、
それで、ますます甘い物に執着が出てくるとかって
聞いたことがあります。
「ことわざでもあるように子供でも好きって言うのは」って、言われたんですが
そのことわざ忘れました^^;
「泣く子も黙る甘味料???」←勝手に作りましたm(__;)m
まぁ、それくらいどんな人でも、美味しく感じるってことらしいです^^;
うちの祖母も、スプーンもてないし
口に入れたら、かじります。
食べ物か道具かもわからなくて・・・
Posted by バカラ☆ at 2008年02月17日 12:48
バカラさんへ

コメントありがとう。
甘いものは好まれるのですね。
そういえば、かぼちゃの煮物は止めないと
いくらでも食べてしまう・・(汗)

そうそう、食べ物か道具かわからないって
家のおばあも入れ歯をアグアグしちゃうのです。
そういうことを、忘れても生きてていいのかな?
回りに生かされているのよね。
回りが手を抜いたら、病気になっちゃうねえ・・
どういう境地なのかな・・

Posted by ふみ at 2008年02月17日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。