2008年03月12日

もやの中

冴えている日と、何だか何も分からない日とある。
今日は後者。

夕方起こった不思議は自室で食パンをもぐもぐ隠し食べていた。
今日はパンは無くなっていない。
昨日の朝、食パンが異常に減っていた。
昨日のうちに、パンを自室にもって行き、どこかに置いていた
ものを、出して食べているようだ。
一体何処に置いてあったのか?
聞いてもわからないし、本人は何も食べてないっていうし。

夕飯を呼びに行き、着替えさせ食卓に行く前にトイレの確認
したら「行く」という。
ところがトイレに入って、何から順にしたら良いのかモジモジ

次は洗面所に誘導し、「手を洗って!」そう言ったのに
なぜか洗面台を前にして、服を脱ぎ始める。
「手よ。手を洗うの。」「うん、うん」うなずきながら服を脱ぐ
水道を出しても、手をかざさないし・・

食後も落ち着かず、居場所が無いように玄関に座り込んでみたり
居間に座らせて置いたが、きりがなく、気分を変えようと
お風呂に入れる。
「あー、ありがたい。ありがたい。」気持ち良さそうにした。
「冷えると風邪引くから、もう寝てね。」
部屋に連れて行き、布団に入れた。

ホッとして、台所を片づけしていると、おばあがやってきた。
「もう、なおったから・・」

何がなおったの〜?
もう、静かに寝てよ!!!


ラベル:認知症
posted by ふみ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。