2008年04月21日

認定延期通知書

市役所から「介護保険認定延期通知書」なる封書が届いた。

何?

4月30日に現在の「介護度4」の認定期間が終了する。
そのため更新手続きをして、3月29日に訪問調査みたいのも受けた
それが

「認定調査票の作成に日時を要しているため」
「処理見込み期間5月10日」と、ある。

じゃ、どうなるの? 5月1日から10日までの間は?

デイサービスが利用できないなんてことになったら大変
役所に問い合わせの電話をした。

「介護サービスの利用にあたりましては、担当のケアマネに
ご相談ください。
認定は有効期間終了日の翌日から有効になります。」

介護度が何になるかわからないけれど、ケアマネさんや施設
には延期の件を話し、このまま利用し月次精算の時、新しい
介護度で計算すればよいという事らしい。

でも、どうして? ぎりぎりでは無く早めにしましたよ。

4月で、込み合って。

年度始めだからという言い訳。

でも1年単位の更新でしょ、家の場合は毎年4月ですよ。
今までこういうことは無かったわ。

名前や被保険者番号を聞かれ、答えたら、調べてくれた。

「今日の審査会議の予定になっています。月曜日には通知を
発送出来ると思います。遅れた場合を考慮して延期通知を
出したのだと思います。」

それではケアマネさんや施設に連絡や相談しないで、通知書を
待った方がいいですね。

「ハイ、お待ちください」

何か、無駄仕事していない?
庶民は役所からの封書にアレルギーだと思うよ。
文体だって、役所言葉で中途半端。読み取れない。
遅れた場合を考慮して・・?
親切なのか脅しなのか、ちょっと変よ。

さて一件落着したが、おばあは介護度いくつなのか?
今のままがいいなあ・・・








posted by ふみ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き・届出関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。