2008年05月25日

言葉が無くても

日曜日、今日は一日活動的だった。

今日は休養日で寝て過ごしてくれるかと期待していたが元気。

朝食後、押入れから袋やバッグを出して何やら詰め込んで荷作り
「詰めて、どうするの?」
「”#$%&&〜=¥$%」

テレビの横の物入れ、タンスの引き出し、仏壇の引き出し
見るたびに、それらの前に座って、ガサゴソ〜

昼食後、お昼寝でもしてもらおうと、布団を敷くが片付けられた
雨が上がり、外に出たいのか、廊下の掃き出し窓を何度も
開けようと試みている。
今日はサッシ窓のロックがわからないようで開けられない。
玄関に行き、娘のスニーカーを履く。
追い返す。 靴をしまう。
また、やってきて今度は私の靴を履く。
「外に用があるの?」
「#$%&!)#(=〜¥&%」

掃除をしている時に、玄関の施錠をしていなかったら
その間隙を縫って、外に出てしまった。
そしたら、玄関先をほうきで掃いていた。
「掃除がしたかったの?」
「#$%&)=(=〜}」
でも、おばあが気が済むまで掃除をするのを見守るゆとりが無い
ので家の中に戻した。

玄関の犬の縫いぐるみに話しかけ、そのうちに自室に戻り
今度は廊下の水屋のあたりをガサゴソと片付け(?)
ダイニングに出没して、テーブルの上のランチョンマットを
片付けたりと。じっとしていない。

夕食、食欲は旺盛。
山芋をすって「とろろご飯」
「これ、何だか分かる?」
「カツカマ・・・」
「カツカマじゃないよ。おいしいでしょう」
「頭が悪くなって、#$%&(=〜」

単語を忘れてしまったようで、会話は不成立。
何を言っているのか、さっぱりわからない。
きっと、おばあもこちらの言うことが分からないのだろう。

自分だけの世界に生きているのかな?

もどかしさ、なんて感情は無いのかな?




ラベル:認知症
posted by ふみ at 23:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふみちゃんこんにちは。
家の義母ももう単語じゃなく文字の羅列(造語!?)です。
話している内容は99%判りません。
時々、本当に稀に意味が通じると皆拍手喝さいです。
でもそれも偶然!?
意志の疎通が出来ないって本当に大変ですよね。
Posted by メグ at 2008年05月26日 12:34
父が入院して1ケ以上になりました。急性期の病には珍しくおいていただいています。
先週、土曜日父は私服を着て病棟がら外へ脱出しました。「家にいませんか?」と病院からの電話でびっくり。そんなはずがありません。結局は警察で保護されいました。お金もなく、病院の前ですわりこんでいたようです。今はとても元気らしいので家に帰す話がありますが、とても無理です。両親とも認知症、私は難病、考えただけで無理です。でも、もうすぐ追い出されるのです。
頭に血が上っています。先週、頭に鍼をしてもらいました。1時間放置でした。そして抜いたら血がピュッ!と出て止まらなかったのです。さすがの先生もびっくりでした。
私、心配です。ある日、脳の病気であっとゆうまにあの世に行ってしまうかもって。
Posted by run at 2008年05月26日 22:22
メグさんへ

コメントありがとう。
同じなのね。字に書き表せない言葉よね。
訳が分からないの。
そして、時に、答がかみあう時があるの。
偶然なのか、意味が判って答えたのか?
「おばあちゃん、すごいじゃない」我が家でも
皆でほめます。
言葉でやり取り出来ないからゼスチャーが
多用になりましたが、いつかそれでも通じなく
なるのかな?


runさんへ

コメントありがとう。
またまた心配事が増えて、大変ね。
お父さんの脱走、元気になったのはいいけど
困ったわね。
先日、昔からの知人におばあちゃんの様子を
聞かれて話をした時に、いよいよ困ったら
市役所に相談行くより、民生委員に話したほうが
何とかなるみたいよ。と、言われたの。
義理兄が地方で民生委員をしているので先日、
義理姉の葬儀であった時に、民生委員にそんな
力があるのか尋ねたら、橋渡し役なのですって。
身近で困っている方の話を聞いて、自分に
出来ないことは関係先に連絡を取ってくれるらしい。
ダメもとで、お父様の受け入れ先のことなど
相談してみたら。
ご両親ともrunさんが頼りでしょうから
くれぐれも体に気をつけて。
Posted by ふみ at 2008年05月28日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。