2008年05月31日

ナスが飛んだ

夕飯を鉄板焼きにした。
食卓にホッとプレートを置き、野菜類や肉やウインナをのせて
出来上がった順に、各自好みのたれを作って食べる。

おばあの食事はどんぶり形式なので、たれを浸けたものを
ご飯茶碗の上に並べた。
上のおかずを食べ、ご飯を食べ・・おかずがなくなった。
そこでナスが焼けたので、おばあの茶碗に盛ろうと入れた。

その瞬間、ナスが飛んだ。テーブルの下に落ちた。

一瞬、何が起きたのか・・居合わせた私、息子、娘は???

私が入れようとしたとき、おばあが丁度、箸を動かしていて
偶然に箸とナスがぶつかって、ナスが弾き飛ばされた。と、
いう意見。

いや、おばあが払いのけたのではないか。という意見

不可解なので再度実験。

また黙って、おばあの茶碗に入れようとしたら、避けた。
お茶碗をサッと引っ込めた。

ナスが飛んだのは意識的に、実に、的確に、素早くおばあが
反応した結果だ。

私がおかずをのせるよ。と、声をかけずに黙って入れたから。
おばあは、異物だと思ったのか、箸でそれをハラッタのだ。

何かすご〜い。

今はボケてしまったが、昔はくノ一(女忍者)だったという
老婆みたい。。

反射神経というのか、こんなすごいことも出来るというか・・
妙に皆、感心してしまった出来事。

当人は何事も無かったかのように黙々と食べ続けていたけど。

ちなみに、次は声をかけながら入れたら、茶碗を差し出した。



 


posted by ふみ at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アハハ^^すみません笑ってしまいました^^;
ク一とは、読んでる限りでは
おばぁさんは、若かりし頃など
本当にいろんなことが出来た方なんですね!
ちなみに、声をかけながらと言うのはよくわかります!
祖母も腕を支えたり、体を動かす時に
すぐに「痛い!痛い!」と必死に訴えます。
(痛いはずない状態でも)
でも、色々断りを入れながら
褒めながらしたら痛いとは言いませんが・・・
みったんみたいでいちいち褒めてなだめて
すかして・・・
でも、おばぁは、以外と?!けっこう?!しっかりしているのか、こんなことでは誤魔化されなさそうですね^^;
もし失礼なこと言っていたら、すみませんm(__)m
Posted by バカラ☆ at 2008年05月31日 21:46
バカラさんへ

コメントありがとう。
ハイ! 家のおばあは運動能力高いですよー。
びっくりして、唖然として、笑っちゃいました。
自主的に動いてもらう場合は正に、あの手この手
を使います。みったんみたいに可愛くて、学習
能力があれば説得し甲斐がありますけど・・
おばあの場合はねえ・・
判ってないのに頑固ですから、戦いです。
笑ってもらえて、うれしいです。!?
Posted by ふみ at 2008年06月01日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。